都市ガス切替え:オール電化から都市ガスを導入されたお客様 事例4

オール電化住宅5年目にしてガスファンヒーターを追加導入。ガスはあたたかさが全然違いますね。千葉県袖ヶ浦市 H様

注文住宅でオール電化を選択した理由

約5年前にこの地に注文住宅で家を建てることを決めたときに、「都市ガスを引きますか?それともオール電化にしますか?」とハウスメーカーの方に聞かれました。実際に私の家の前にはガス管も通っていたので都市ガスを引くこともまったく問題がなかったのですが、“オール電化”がちょうど流行っていたこともありましたし、私自身のイメージとして「ガスにすると普段のコンロの掃除が大変」ということがありました。毎日調理することを考えたらコンロ掃除のストレスを避けた方がいいかなというのがオール電化にした一番の決め手です。オール電化住宅の電気代が毎月どのくらいかかるかわからないけどまずチャレンジしてみよう、もしも不都合があれば都市ガスにしてもいいし…と考えていましたね。

友人の家でガスファンヒーターのぬくもりを体感

マイコンメーター。工事もスムーズに行われたとのこと。
マイコンメーター。
工事もスムーズに行われたとのこと。

オール電化住宅は慣れてしまえば、楽で便利な部分もたくさんあると思います。ただ、冬の暖房でエアコンと石油ストーブを併用していたのですが、私が寒がりのため両方を一日中フル回転させている状態でした。すると、灯油を買いに出かける手間とそれを入れる労力がかなりのものになって、正直なところコスト的にも膨らんでしまうという結果に。そんな時、友人の家に遊びに行ったら我が家よりずっと暖かくて驚いたことがあったんです。聞いてみたらガスファンヒーターを使っていて「暖かさが全然違うよ」と。しかも灯油を使っていないので独特の臭いもしないじゃないですか。早速その友人からガスファンヒーターについての情報を収集し、主人と検討を始めました。ライフバルに連絡して見積りを取っていただき、初期投資は少しかかるけれど長い目で考えると今のうちに都市ガスを引いてガスファンヒーターにしたほうがこの先快適に過ごせるという結論に達して導入を決めました。

ガス暖房で都市ガスとプロパンガスを比較検討

この家の前に住んでいたアパートではプロパンガスを利用していました。ですから、実はガス暖房を考えた時に都市ガスとプロパンガスの比較検討もしました。結果、プロパンガスは工事費が不要とのことでしたがランニングコストが高いこと、ボンベを置くスペースが必要なこと、定期的なボンベ交換が必要で夏でも止めることもできないことから見送ることにしました。犬を庭で放し飼いにしているのでボンベ交換のときには必ず私が立ち合わないとならず、それも難しいですし。あと、都市ガスだと我が家のように暖房器具にだけ使用する場合は夏期にお休みすることもできると聞き、その部分にも魅力を感じましたね。

使い始めて数週間、ガスファンヒーターが多くの快適性をもたらしています

まだガスファンヒーターを使い始めて数週間しか経っていませんが、その良さを実感しています。まず暖まり方にパワーがありますね。これまでは部屋が暖まるまでずいぶん時間がかかっていたのですが、今はスイッチを入れたらすぐに温風が出ますし、朝、子ども達がこのヒーターの前で着替えているぐらいです(笑)我が家は犬を三匹飼っているので散歩はかかせませんが、寒い外から家に戻ってきた時にもこのスピーディーさは便利ですね。また、冷え性の私にとっては足元から暖かいのは嬉しいことです。それからストーブに灯油を入れる手間がなくなったし、子どもたちが苦手だった灯油の臭いもなくなって快適さがぐんとアップしたように思います。あと、ヒーターを消した後でも暖かさが持続しているからか、夜リビングに干した洗濯物が翌朝にはちゃんと乾いているんですよ。我が家のガスファンヒーターの暖かさを経験した実家の両親も「石油ストーブをやめてガスファンヒーターにしたい」と言っており、近々ガス栓を取り付ける予定です。私達も新たに導入したガスファンヒーターを活用して、これからの冬を心地よく過ごしたいと考えています。今回は導入しませんでしたがガスの床暖房にも興味が出てきて、今、ホームページでチェックしているところです。

ショールームにて様々比較し、高機能ファンヒーターを購入
ショールームにて様々比較し、
高機能ファンヒーターを購入

ガスコンセントはファンヒーターを置く位置を考慮し、床に設置した
ガスコンセントはファンヒーターを
置く位置を考慮し、床に設置した