都市ガス切替え・プロパンガスから都市ガスを導入されたお客様 事例1

新しいエネルギー活用法に興味。長年希望していた都市ガス導入に伴い自宅と裏の賃貸住宅にエネファームを導入。埼玉県新座市 T様

給湯器の故障をきっかけに念願の都市ガスに

新しくしたガスコンロ
新しくしたガスコンロ

約22年前にこの土地に自宅と2世帯のメゾネットタイプのアパートを建てました。その時にプロパンより都市ガスの方が料金も安いですし都市ガスを希望したのですが、自宅前に通っているガス管が目の前の団地の所有物だったため許可がおりず、ひくことができなかったんです。そこでやむを得ずプロパンガスにしましたが、配管はいつでも都市ガスに切り替えられるように兼用配管にしていました。今年の1月に自宅の給湯器が壊れて取り替えることになったのですが、10年ほど前にガス管が団地所有でなく東京ガスの資産になっていたので、夢だった都市ガスを導入することに決めました。

ランニングコストも考えてエネファーム設置を決意

20年以上リフォームをしていなかったので、自宅とアパートに太陽光パネルを乗せ、提案していただいたエネファームを設置することにしました。つまり、ダブル発電ということになります。妻には最初「そんなにお金をかけなくてもいいんじゃない?」と言われましたが、「初期投資は高いかもしれないが、どうせ電気は使うんだし面白いと思う。やってみよう」と説得しました。エネファームはちょうど補助が出るのが魅力だったのと、十年払いにすれば飲みに行くのを月に1回控えれば払っていけそうでしたし(笑)。配管に関しては都市ガス応援ローンを活用しました。自宅はガスコンロを新しく購入し、ミストサウナ付き浴室暖房乾燥機(ミスティ)を設置、それからガスファンヒーターを使用できるようにしています。ガスファンヒーターは単身赴任をしていたときに使っていて、すぐに部屋が暖かくなって便利だった印象があり、寒がりの妻にちょうどいいかと。私自身もこれで今年の冬からは灯油を買いに行く手間が解消されるかなと思っています。

賃貸住宅では都市ガスを付加価値として活用

アパートに設置した浴室暖房乾燥機
アパートに設置した浴室暖房乾燥機

自宅の裏にあるアパートは築20年以上経っているので物件として目新しいものがないとダメだし、何か付加価値をつけたい…と常々考えていました。そこで、こちらも自宅同様にプロパンガスから都市ガスに切り替えることにしました。うちは基本的に長く借りてくださる方が多いため、賃貸物件として「快適で住みやすい」と魅力を持たせ続けることも大切だと思っています。そこで、都市ガス導入に伴って床暖房と浴室暖房乾燥機を設置し、ガスファンヒーターを使うためのガス管も引きました。こちらも都市ガスへの切り替えはスムーズでしたし、「これからガス代が安くなりますよ」と伝えてガスコンロ自体もこちら負担で取り替えました。入居者にとっては実質負担がかからずアップグレードということになりましたので、喜んでいると思います。

都市ガス使用開始からすぐに効果を実感

「工事もスムーズで、掘り起こした後も綺麗にやってもらいました」とTさん。
「工事もスムーズで、掘り起こした後も
綺麗にやってもらいました」とTさん。

7月に導入してまだ数ヶ月の感想ですが、夏でもガス代は下がっていますし、電気代も1年前に比べて半分以下になっています。1年間使用すればもっとランニングコストはわかると思いますが、現段階で間違いはなかったかなと思っています。ちなみに息子は朝方のシャワー派なのですが、エネファームは賢くて1週間の使い方を記憶してそれに合う形で発電してくれるので、今は発電が朝型になっているんですよ。天然ガスはやはり安全だし、安心感があります。ようやくお付き合いできるようになった都市ガスにはこれからも安定したガス供給を期待します。