都市ガス切替え・プロパンガスから都市ガスを導入されたお客様 事例3

都市ガス生活に“はじめまして”。しっかり吟味して購入したガスコンロで日々の料理を満喫しています。埼玉県川口市 I様

自分にとって「ガス=プロパン」でした。

結婚と同時に現在の家に住んで30年になります。その頃は都市ガスが引かれておらず、選択の余地なくプロパンガスの生活となりました。ただし私の実家はプロパンガスで、生まれてから当然のようにプロパンを使ってきていましたし、自分の意識としても「ガス=プロパン」だったので特に抵抗感もなにもなかったですね。慣れていましたし、ガス交換も当たり前で、普通の生活に組み込まれていましたし。

「地域で都市ガス導入」が安心感につながりました。

ボンベ跡。「すっきりして、庭で放し飼いの犬の行動範囲も広がりました(笑)」とIさん
ボンベ跡。「すっきりして、庭で放し飼いの
犬の行動範囲も広がりました(笑)」とIさん

平成24年に入ってプロパンから都市ガスへの切り替えが地区で行われました。最初に町会会館で説明会があったのですが、それが強い安心感につながりましたね。実際に町会単位でやっていただくということは「大丈夫ですよ」と地域の承認を得ている感じで。これまでも主人の実家が都市ガスで、ガス代が安いことは聞いていて主人と「早く都市ガスになるといいね」と話していましたし、周りの友人も「都市ガスはいいわよ。火力もいいし、安全性も高くて」と太鼓判を押してくれていたので「是非すぐにやろう」ということになりました。我が家に都市ガスが通ったのは8月後半で、敷地内工事とガスコンロ交換、器具交換を行いました。工事もとてもスピーディでその日のうちにコンロもお風呂も使えました。

今まで我慢していた暖炉。ガス代が安くなってこれからはつけられます。

この冬からは大活躍しそうなご自慢の暖炉
この冬からは大活躍しそうなご自慢の暖炉

プロパンだったときは、とにかく月々のガス代が高かったんです。料金比較表もチェックしましたが、都市ガスだと今までのガス代の半分ぐらいになるというのは大きな魅力です。まだ都市ガスを導入して日が浅いのですが、1回届いた料金通知書を見て、ものすごく安いと思いました。14年前にリフォームをしてせっかく贅沢で暖炉をつけたのに、ガス代のことを考えると躊躇してなかなか使えないのが現状で、今までは寒いのを我慢して家の中で厚着をしていたんですよ。でも、この調子でいけばようやく暖炉が活躍しそうで今から冬が楽しみです。ガス導入は初期投資がかかりますが、長い目でみたらプロパンガスより安いですよね。今回3年返済でローンを組みましたが、プロパンの冬場の2万円を考えたら月々の返済の方が安かったので助かりました

毎日の料理を楽しくして、夢が膨らむガスコンロをしっかり選びました。

我が家はガスコンロを新調しました。給湯器は何年か前に買い替えたばかりだったので器具調整をし、暖炉も器具調整でOKでした。ガスコンロに関しては、自分はいいものを長く使いたい主義なので新宿のショールームに主人と行き、よく見て、色々質問して、じかに色合いなども検討して決めました。その甲斐があり、都市ガスに関して一番良さを実感しているのは日々の調理においてです。魚の焼き具合には本当に感激しました。掃除も簡単ですし嬉しいことが一杯です。正直、私自身、勤めを終えて帰ってくるとどうやって手を抜けるかということに終始して「料理の腕を磨かなきゃ」と思いつつ30年経ちましたが、都市ガス導入を機に今度こそ主人のお酒のつまみも含めて料理の腕を磨きたいですね(笑)。実は家でパンを焼くのが長年の夢だったんですよ。今回ダッチオーブンにしたので、東京ガスで開催している料理教室に是非行って念願のパンを近々焼きたいと思っています。

給湯器は器具調整を行った
給湯器は器具調整を行った

とんかつもカラッと揚がったし、その後の掃除も楽だったそう
とんかつもカラッと揚がったし、
その後の掃除も楽だったそう