エネファーム

資料請求・見積もり

ユーザーズボイス Vol.9 埼玉県 Oさん邸

ユーザーズボイス トップへ

Vol.9 がんばらないでエコしてます。

さいたま市にお住まいのOさん邸は、将来の光熱費を見据えてダブル発電に設備変更。気になるランニングコストと使い心地は?

「毎日使うものだから、肩肘はらずに使いたい。」

現役で仕事をしているうちに、将来の光熱費を安くできる設備を導入しておきたかったと語るOさん。数ある省エネ機器の中からエネファームと太陽光発電のダブル発電を選択しました。
「これから先、いろんな機種が出てくることとは思いますが、クルマと同じで、そのときにいちばんいいものがいいだろうと。ただ、クルマは毎日乗らない家庭も多いし、そういう意味ではぜいたく品。エネファームは毎日使うものだから、肩肘はらないで自然と環境に貢献できるのがいいですね。」

「天気がわるい日でも頼りになるのがエネファーム。」

気になる光熱費は、5月の実績で買電約2,600円に対して売電約17,000円と、効率よく稼働中のご様子です。
「発電の主力は太陽光発電なんですが、エネファームは日照の少ない朝晩や天気のわるい日でも発電してくれますから、巧みにバックアップしてくれている感じです。実際、エネファームのリモコンで発電グラフを見ると、うちの場合は太陽光が発電していない時間帯をエネファームがうめてくれているのがわかりますよ。」 LED電球や省エネタイプの家電製品などに替えたこともあり、電力を買う量は思った以上に減っているそうです。

「今のスタイルをそのままに、快適性がプラス!」

「今あるライフスタイルはそのままに、できる範囲から始められるエコがエネファーム。なんとかしてエコしなくちゃ、生活を変えなくちゃ、がんばらなきゃ…そういうことはまったくありません。がんばらなくても自然とエコができて、そのうえ快適性も加わるんですから、まさに私にとって理想的なものだと思います。
今回エネファームを導入して、近所の方にもエネファームを知っていただくことになり、地域ぐるみで東京ガスさんとの地域交流が生まれたのも思いがけない収穫でしたね。」

ユーザーズボイス トップへ