ガス料金の調整(原料費調整制度)料金の透明性を高めるための制度です。

原料費調整制度とは

弊社は都市ガスの原料としてLNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)を使用しており、原料費は為替レートや原油価格の動きによって変動します。原料費調整制度はこうした原料費の変動に応じてガス料金を調整する制度です。
原料費の変動を適切に毎月のガス料金に反映させることにより、料金の透明性を高めるため、原料費調整制度を導入しています。
※四街道12A地区には原料費調整制度はございません。

制度のしくみ

貿易統計にもとづく3ヶ月の平均原料価格と、基準となる原料価格(基準平均原料価格)を比較し、その変動分について、あらかじめ定められた算定方法によりガス料金を調整します。

原料価格の算定期間とガス料金への反映時期

弊社は都市ガスの原料としてLNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)を使用しており、原料費は為替レートや原油価格の動きによって変動します。原料費調整制度はこうした原料費の変動に応じてガス料金を調整する制度です。
原料費の変動を適切に毎月のガス料金に反映させることにより、料金の透明性を高めるため、原料費調整制度を導入しています。

原料価格の算定期間 ガス料金への適用

原料価格の算定期間とガス料金への反映時期

毎月の単位料金は、あらかじめ定めた基準単位料金に、原料費調整による調整額を加算または減算し算定します。

ガス料金=基本料金+従量料金

調整額の算定方法

❶ 平均原料価格を算定

原料であるLNGとLPGの平均原料価格を算定します。

平均原料価格=LNG平均価格(円/トン)× 0.9479 + LPG平均価格(円/トン)× 0.0546

※10円未満は四捨五入します。

❷ 平均原料価格の変動額を算定

平均原料価格と基準となる原料価格(基準平均原料価格)との変動額を算定します。

調整方法のイメージ

  • 平均原料価格が基準平均原料価格を上回る場合はプラス調整を、下回る場合はマイナス調整をおこないます。
  • 料金の大幅な変動を避けるため、平均原料価格が基準平均原料価格の160%を調整上限値に設定しています。

※基準平均原料価格は、その地区に料金表を適用した時点での平均原料価格です。
右記価格は平成27年12月10日からの適用となります。

調整方法のイメージ

❸ 調整額を算定

原料価格の変動額100円につき単位料金を1m3あたり 0.08748円調整します。

0.08748×❷の原料価格変動額/100

※増額調整の場合:小数第3位以下を切り捨てます。
※減額調整の場合:小数第3位以下を切り上げます。

❹ 単位料金へ反映

毎月の単位料金(1m3あたりの単価)は、あらかじめ定めた基準単位料金に、原料費調整による調整額を加算または差し引きし算定します。

基準単位料金±❸の調整額

地区別の各種係数

a 〜 e の数値は、地区により異なる係数を適用します。

東京地区等
a LNG構成比率 0.9479
b LPG構成比率 0.0546
c 基準平均原料価格 57,250円/トン
d 上限値(基準平均原料価格の160%) 91,600円/トン
e 換算係数(税込:8%) 0.08748
群馬地区
a LNG構成比率 0.4414
b LPG構成比率 0.0371
c 基準平均原料価格 27,350円/トン
d 上限値(基準平均原料価格の160%) 43,760円/トン
e 換算係数(税込:8%) 0.08424
群馬南地区
a LNG構成比率 0.4414
b LPG構成比率 0.0371
c 基準平均原料価格 27,350円/トン
d 上限値(基準平均原料価格の160%) 43,760円/トン
e 換算係数(税込:8%) 0.08424

このページの先頭へ