長期使用製品安全表示制度 扇風機・エアコン・換気扇等の製造・輸入業者は、製品に設計上の標準使用期間と経年劣化についての注意喚起等の表示が義務化されました。

長期使用製品安全表示制度とは

この制度は、電気用品安全法の技術基準省令の改正により設けられ、経年劣化による重大事故の発生率は高くはないものの、長期間使用されることが多い製品について、設計上の標準使用期間と経年劣化についての注意喚起等の表示が義務化されました。
東京ガスのブランド品では、換気機能付の浴室暖房乾燥機等が対象となり、設計上の標準使用期間と経年劣化についての注意喚起等がリモコン部等に表示されています。
(平成21年(2009年)4月1日以降に製造・輸入された製品が対象となりますが、平成21年(2009年)4月以前に製造された換気機能付の浴室暖房乾燥機等も、同様の標準使用期間にて設計されております。ご使用後10年を経過している製品につきましては、標準使用期間を過ぎた製品と同様に注意が必要です。)

表示される内容

製品が製造された年、設計上の標準使用期間、設計上の標準使用期間を超えて使用すると、経年劣化による発火・けが等の事故に至るおそれがあることが表示されています。

長期使用製品安全表示制度
表示例

対象となる製品

東京ガスのブランド品では、換気機能付きの温水式浴室暖房乾燥機が対象となります。

壁掛型浴室暖房乾燥機
天井型浴室暖房乾燥機

このページの先頭へ