火災の予防

ガス機器の設置

ガスコンロ

  • ガステーブルは、壁から周辺の壁から15cm以上離して、設置してください。
    ※15cm離せないときは防熱板(別売)を設置して下さい
15cm以上

暖房機器

取り扱い説明書記載の離隔距離を正しくとりましょう。

15cm以上

温風吹き出し口は高温になります

ファンヒーター等、暖房機の温風吹き出し口に、カセットボンベやヘアスプレー缶、ライターなどを放置すると熱せられて、缶が爆発する恐れがあります。

温風吹き出し口は高温になります

排気口周辺は高温になります

排気口周辺は高温になります1

排気口周辺は高温になります2

ガス機器の排気口周辺に、可燃物を放置すると火災の恐れがあります

ガスコンロ

揚げものをしている時やグリルを使用している時は、その場から離れないことが大事です。来客や電話などでその場を離れる時には、必ず火を止めてください。

メーカーの純正部品以外は不完全燃焼を起こし,一酸化炭素(CO)中毒の原因となる場合があります。(市販されている、いわゆるガスコンロ用省エネリングなど)

ガスコンロ

ガスストーブ

ガスストーブの付近には燃えやすい物は置かないように注意しましょう。
小さなお子さまがいるご家庭ではやけどなどに注意しましょう。

ガスストーブ

衣類乾燥機

機械油や植物油などの付着した衣類を乾燥させますと、衣類の蓄熱により酸化発熱現象が誘発され、衣類の自然発火の恐れがあります。(機械油や植物油は洗濯しても十分に落ちないことがあります。)

このページの先頭へ