都市ガスの種類・熱量・圧力・成分 東京ガスがお届けしている都市ガスって?

東京ガスでは13A(千葉県四街道市の一部のお客さまは12A)の都市ガスをお届けしています。

ガスは、「都市ガス」7グループ13種類、および「LPガス」に分類されます。

東京ガスの都市ガスは「13A」

ガスの種類の英字は燃焼速度を示します。
【燃焼速度】 A(遅い)、B(中間)、C(速い)

お客さまにご利用いただくガスの種類については、「ガス使用量のお知らせ」に表示しています。

都市ガスの熱量

標準状態(摂氏0度、圧力101.325キロパスカル)の都市ガス1m3あたりの発熱量

ガスの「熱量」とは、ガスが燃えて発生する熱の量で、「発熱量」ともいいます。
熱量の単位は“メガジュール(MJ)”が用いられます。

ガスの種類 1m3あたりの発熱量 供給地域
13A 45メガジュール 東京都・神奈川県・千葉県・茨城県・栃木県・埼玉県・群馬県

都市ガスの圧力

都市ガスの圧力の単位は、キロパスカル(kPa)が用いられています。
都市ガスが正常に燃焼するためには、機器の入り口で一定の圧力が必要です。

13A 最高圧力 最低圧力
2.5kPa 1.0kPa

(参考)プロパンガスの熱量と圧力
熱量:約100メガジュール 圧力:2~3.3キロパスカル

都市ガスの成分

東京ガスがお届けしている13Aのガスについて、その代表的な組成の1例をご紹介します。

13A
組成(%) メタン 89.60
エタン 5.62
プロパン 3.43
ブタン 1.35
ペンタン ---
炭酸ガス ---
酸素 ---
窒素 ---
合計 100%

なお、ガスをご使用の事業者の皆様に、都市ガスのより詳しい特長や取扱いについて、別途ご案内いたしております。詳しくはこちらをご覧ください。

都市ガスのCO2排出係数

都市ガス1m3を燃焼した際に排出される二酸化炭素(CO2)の量を、都市ガスのCO2排出係数といいます。お客さまがご使用になった都市ガスの量(m3)にCO2排出係数をかけることで、都市ガスの燃焼によるCO2排出量を計算することができます。
東京ガスがお届けしている都市ガス13A(45メガジュール)のCO2排出係数は以下のとおりです。

ガスの種類 1m3あたりの発熱量 CO2排出係数
13A 45メガジュール 2.21kg/m3(*1)
2.19kg/m3(*2)
2.29kg/m3(*3)

(*1) 一般家庭など低圧供給のお客さま(15℃、供給圧力ゲージ圧2kPa状態換算時の係数)
(*2) 工場や商業ビルなどの中圧供給のお客さま(15℃、ゲージ圧0.981kPa(100mmH2O)の状態換算時の係数)
(*3) 標準状態の値(0℃、1気圧)

このページの先頭へ