• 今お使いのガス器具について
  • ガス器具のお手入れ、使い方-ガスコンロ-

ガスコンロのガス料金を節約する!

ウルトラ省エネBOOK

ガスコンロを使用する場合の節約術をご紹介!
たとえば

  • 大きな鍋底でスピードアップ
  • 同時に調理vs別々に調理
  • 鍋のフタはすぐれもの
  • 中火がお得です。

ガスコンロ・お手入れのヒント

ガラス・Gクリアコートのお手入れ

こびりつき汚れにはクリームクレンザーをつけてラップでこすると効果的。汚れは放置せず、なるべく早くお手入れしましょう。

ガラス以外の部分で使用すると傷がつくことがありますのでご注意ください。

ガスコンロの汚れはなるべく早く落とす!

ガスコンロを使い終わったら、まだ余熱があるうちにサッと水拭きをしておきましょう。汚れがひどいときは、台所用洗剤をつけて拭き取ります。(やけどには十分ご注意ください)
ガスコンロの油汚れをふきとる専用のボロ布を用意しておくと便利です。

使用後すぐに水拭きを専用のボロ布を用意

ガスコンロのお手入れのポイント

ガスコンロの受け皿や、魚を焼くグリルの網、トレイなど、取り外せるものはすべて外しておきます。
浸けおき用洗剤または酸素系漂白剤に台所用洗剤を加えた液を作り、外したものを浸けおきした後、汚れを落とし水洗いします。

<フッ素加工のテンプレートの場合>
フッ素コーティングのトッププレートは、柔らかい布かスポンジで水拭きします。汚れがひどいときは台所用洗剤を使います。
(注:タワシやクレンザーは使用しないでください。キズやはがれの原因になります。)

トレイなどをはずす浸けおきをする
水拭き後から拭きを

バーナーのお手入れ

穴の目詰まりを防ぐためには、バーナーキャップを外して、器具ブラシ(別売)や使い古しの歯ブラシで汚れを取り、その後は水洗いをします。
お手入れのあとは、正しい位置にセットしてください。また、点火プラグの汚れや水分は乾いた布で拭き取りましょう。

ガス用ブラシで掃除

ガスホースの油汚れをとる!

布に油汚れ専用中性洗剤をつけ、ホースを挟みこむようにして、油汚れを拭き取ります。その後、水拭きをするときれいになります。

洗剤で油汚れを取る

グリルやゴトクは分割して洗う!

グリルやゴトクは分割することで徹底的に洗えます。
食器洗い乾燥機をおもちなら、ゴトクをそのまま食器洗い乾燥機に入れるだけ。とっても簡単に汚れが落とせます。

点火用電池の交換

ガスコンロは、電池を使ってバーナーに点火します。
電池が消耗してくると、バーナーへの着火が悪くなります。2年に1度を目安に、電池を交換してください。

乾電池のセットのしかた 1.電池ケースのツメをつまんで手前に引く 2.乾電池の+側を手前にして乾電池を入れる 3.電池ケースを奥までしっかり押し込む

東京ガスのガスコンロを使って、こんな料理を食卓に!

「食の生活110番Q&A」では、ガスコンロのいろいろな使い方、ガスコンロを使ったレシピをご紹介しております。