ガス炊き ごはんがこんなに美味しくなる 直火ごはん

  • 対決の背景

    毎週日曜19:00〜フジテレビ系列にて放送されている「ほこ×たて」。
    それぞれ最強を名乗るものが対決し、勝負を決める対決型の番組です。

    今回抜擢された「直火匠(じかびのたくみ)」。
    リンナイと東京ガス、大阪ガス、東邦ガス4社のこれまでの技術を結集し
    "最強の炊飯器"として開発されたガス炊飯器です。

    釜下からの直火による最高約1200℃の強火力でかまどの炊飯と同じ過程を追求し、
    本物のかまどで炊いたようなごはん本来の味わいを実現した自信作です。

    今回は日本有数の米どころ、新潟は南魚沼において、伝統の技である
    釜炊きを極めた、"最強の釜炊き職人"とごはんの味で直接対決!

    果たしてどちらに軍配があがるのか?!

    MOVIEを見る
  • 対決前

    対決に向け並々ならぬ闘志で検証を重ねる日々

    対決1週間前。
    製造メーカーであるリンナイ開発本部では、リーダー猪股をはじめとする「直火匠」開発メンバーが、来る対決に向け準備を重ねていた。

    計測機器での炊飯釜やお米の状態分析。
    最適な含水率や炊き方による食味の違いを徹底検証。

    ベストな結果を出すために、全総力を挙げ日々準備は続いた。


    MOVIEを見る
  • 対決当日

    データ上では、かまどを上回る最強の炊飯器「直火匠」で勝利をめざす!

    直前まで対戦相手がわからないのがこの番組の特徴。
    不安と期待が入り混じるなか、開発・営業総勢30名が南魚沼に
    乗り込み、対決に向けた直前の確認をおこなった。
    投票会場の設営も雪のなか着々と進む。

    そして
    いざ、最強の釜炊き職人の待つ決戦地へ!


    MOVIEを見る
  • 対決

    強敵、最強の釜炊き職人現る!

    何も知らされないまま向かった先には、1軒の日本家屋。
    お店の前には「釜めし」と書かれた大きな釜の置物が!
    今回の対戦相手は、コシヒカリを昔ながらのかまどで
    炊き上げ、提供している料理店「釜炊きめしや こめ太郎」の
    齊木氏。
    最高級のお米と最良の炊き方を熟知している職人の登場に、
    一同緊張が走る。
    お店の一角に「直火匠」を設置させてもらい、いざ炊飯開始!
    約1時間後、かまどと「直火匠」が炊きあがり、いよいよ試食。
    審査員は、お米の味に特別なこだわりを持つ南魚沼の米農家の
    みなさん。
    「どちらがよりおいしく炊けているか?」
    審査員は心を決め、投票会場へ。


    MOVIEを見る
  • 投票

    寒空の下、たくさんの観客が見守る中、結果はいかに?!

    運命を決める赤と青の投票ボックス。
    今回の主役、開発責任者の猪股を先頭に、気合いの入る
    「直火匠」応援団がステージに。職人 齊木氏も続く。
    そしていよいよ開票。
    箱の中に入ったボールを太鼓音に合わせて投げる二人。
    「ひとーつ!」
    「ふたーつ!」

    どんどん投げられる、ボール。
    祈る応援団。


    MOVIEを見る
  • 残念!惜しくも釜炊き職人の勝利に。

    結果

    しかし!猪股の手がぴたりと止まり、ばってんポーズ・・・

    「直火匠」も健闘はしたものの、軍配は最強の釜炊き職人に。
    天を仰ぐ応援団。
    結果敗戦とはなったが、「直火匠」のごはんを試食をした最強の釜炊き職人からは、「試食した人たちはみんなおいしさにビックリしていると思います。」と「直火匠」を大絶賛!

    <審査員の声>

    ・赤(直火匠)に投票した男性
    かまどで炊いたと思っていたごはんが炊飯器でビックリしました。すごく甘みがあって、おいしかったです。

    ・青(最強の釜炊き職人)に投票した男性
    どちらも噛めば噛むほどおいしさが広がりました。かまどの方が若干ですが、おいしかったです。


    MOVIEを見る
  • 結果

    株式会社育味FOODS
    ( かま炊きめしや こめ太郎 )

    代表取締役 齊木 功 氏

    「直火匠」で炊いたごはんを試食し、お焦げのフレーバーがお米にちょうどよく出ていて、これは炊飯ジャーにはできない技だと思いました。お米を食べて本当においしいか、という点に焦点を絞って商品化されていると感じますし、職人もおすすめできる商品だと思います。

    代表取締役 齊木 功 氏

    リンナイ株式会社
    開発本部 商品開発部 厨房機器開発室

    猪股 匡順

    日本人のお米に対する味覚や食感の好み調査を重ね続けて生み出した自信作であっただけに、負けてしまったことは本当に残念ですが、それでも「直火匠」は釜炊きの味に限りなく近づけていると確信しています。今回、一部の方にかまどよりもおいしいという評価をいただいたことが、それを証明してくれているのではないでしょうか。

    猪股 匡順


    直火匠 商品サイトはこちらか
    MOVIEを見る