ガス+電気インターネットも加えると、
さらにお得東京ガストリプル割

諸注意事項

  • 各プロバイダ事業者により割引適用条件が異なりますので、詳細はプロバイダ事業者にお問合せください。
  • 現在のご契約内容、または、NTT東日本の各種割引やキャンペーンの適用状況等によっては、月額基本料が高くなる場合があります。またNTT
    東日本の「新規申込時の月額利用料割引」は転用した場合引き継がれません。現在のご契約内容およびお支払金額をご確認の上、お申し込みください。

<お申込みについて>

  • NTT東日本の設備状況などによりサービスのご利用をお待ちいただいたり、サービスをご利用いただけない場合があります。
  • NTT東日本で光回線を設置できなかった場合、光コラボレーション・東京ガスセット割ともにサービス提供することができません。

<転用について>

  • 現在NTT東日本が提供するフレッツ光をご利用でないお客さまが、光コラボレーションメニューに申し込むことを「新規」といいます。NTT東日本で提供しているフレッツ光をご利用のお客さまが、各プロバイダ事業者の提供する、光コラボレーションメニューに契約を変更することを「転用」といいます。
  • NTT東日本のフレッツ光の初期工事費用を分割払いでお支払い頂いているお客さまで、転用が完了した時点で当該費用のお支払いが残っている場合、その残額がプロバイダ事業者から請求されます。
  • 転用に伴い、サービス提供事業者が変更となるため、転用前に適用されていたNTT東日本の各種割引サービスおよびキャンペーンも終了となります。なお、終了に伴う解約金はかかりません。
  • 転用には、お客さまご自身でNTT東日本で転用承諾番号を取得いただき、その番号をもとにプロバイダ事業者へ転用のお申し込みをしていただく必要があります。転用承諾番号の取得方法は「ご利用までの流れ」をご確認頂くか、各プロバイダ事業者へお問い合わせください。
  • 転用に伴い、回線の種類が変更となる場合は、別途工事費が発生します。なお、工事と工事費が発生する場合、プロバイダ事業者から後日連絡をいたします。その際、必要な工事と料金のご案内をいたします。
  • 現在ご利用中の「フレッツ光」のご契約タイプが以下の場合、工事が必要となり、別途工事費がかかります。  NTT東日本エリア:Bフレッツ、フレッツ 光ライト
  • NTT東日本の「ひかり電話」「フレッツ・テレビ」「リモートサポートサービス」をご利用の場合、各プロバイダ事業者の光コラボレーションメニューと合わせて自動的に各プロバイダ事業者の提供するオプションメニューに転用され、引き続きご利用いただけます(月額利用料金や通話料等がかかります)。この場合、提供元は各プロバイダ事業者となり、サービス内容や料金が一部変更となる場合があります。その他のオプションサービスは引き続きNTT東日本・NTT西日本から提供されます。詳しくはプロバイダ事業者にお問い合わせください。
  • 光コラボレーションメニューにお申し込みの際、ひかり電話の番号はそのまま転用できますが、各プロバイダ事業者の光りコラボメニューを解約し、他社サービスに変更する際は、ひかり電話の番号は変更になりますので、あらかじめご注意ください。
  • 転用時点で保有しているフレッツポイントは、NTT東日本のオプションサービスのご契約が残っていても、転用に伴い失効します。

このページの先頭へ