五感を働かせながら、調理しよう


毎日食べている食事は、調理されたものが多いね。
調理するときは水やガスなどのエネルギーを使うし、ごみも出るから、
環境(かんきょう)のことを考えて調理しなければならないね。
 
でも、それと同じくらい、おいしく作ることも大事だよ。
おいしく作るための、いい方法があるんだ。
それは五感という、いろいろな感覚を働かせることだよ。
野菜や肉、魚を加熱すると、色やにおい、かたさが変化するね。
その変化を五感でしっかり感じとりながら調理しよう。


調理するときは、五感をつかおう

おいしくつくるためには、加熱しているときのいろいろな変化に注意し、火力や時間を調節することが大切だよ。

調理するときは、五感をつかおう




※エコ・クッキングは東京ガス株式会社の登録商標です。
商標使用のご案内について。

エコ・クッキング推進委員会 みんなのエネルギー広場 東京ガス生活情報メディア「ウチコト」