エコ・クッキング食育

深川丼印刷する

春から初夏が旬!うまみをたたえたアサリをたっぷり使って、東京の下町の味を。
皮ごとのショウガで香りもさわやか。ひとつの鍋でできるのもうれしいポイント。

  • 深川丼

    エコテーマ:お手軽・省エネ・同時調理レシピ
    エコテーマ:材料丸ごと使い切りレシピ
  • エコポイント

    ショウガは皮ごと使います。

    1つの鍋で作れます。

    鍋に蓋を使用することで、エネルギーを効率よく使用できます。



    • 調理時間 15分
  •  

材料(4人分) 分量
ミツバ10本

 

ショウガ1片

 

アサリ(むき身)200g

 

A 

 

出汁1カップ

 

砂糖大さじ1

 

みりん大さじ2

 

醤油大さじ2

 

4コ

 

ご飯適量

 

ページトップへ戻る


作り方

下準備 0 下準備 段取りを考えて調理する 使う道具は少なく ため水で汚れの少ないものから洗う 丸ごと・皮ごと使う 野菜、魚・肉の順に切る
 
調理 1 ミツバは2cm長さに切り、ショウガはよく洗い皮ごとせん切りにします。
 
2 アサリはため水に塩(分量外)を入れてふり洗いし、ザルに揚げて水気をきります。
 
3 鍋にAを入れて火にかけ、21のショウガを入れて強火で煮ます。 同じ鍋を使いまわす
 
4 3に溶き卵をまわしかけ、ミツバを散らして半熟状に仕上げます。
 
5 丼にご飯を盛り、上に4を盛り付けます。
 
片づけ 6 片づけチラシのゴミ入れを使う古布で拭いてから洗う洗う順番を考える茹で湯やため水で洗い物をする

こちらからエコ・クッキングのキホンをご覧いただけます。