エコ・クッキング食育

だまこ鍋のきりたんぽ風印刷する

秋田の郷土料理「だまこ」をグリルで仕上げます。

  • だまこ鍋のきりたんぽ風
  • エコポイント

    両面焼きグリルは、上下の炎で短時間で焼き上がるので省エネです。

    鍋に蓋をすることで、エネルギーを効率良く使用できます。

    土鍋の保温効果で、食卓でも余熱で温かくいただけます。



    • 調理時間 40分
  •  

材料(4人分) 分量
ゴボウ 1本

 

長ネギ 2本

 

シュンギク 1束

 

マイタケ 2パック

 

糸コンニャク 200g

 

鶏モモ肉 400g

 

ごはん 600g

 

A  

 

だし 7カップ

 

醤油 70ml

 

みりん 50ml

 

砂糖 小さじ1

 

鶏ガラスープの素 大さじ1

 

ページトップへ戻る


作り方

下準備 0 ゴボウは大きめのささがきに、長ネギは斜め切りに、シュンギクはザク切りに切る。マイタケはほぐし、糸コンニャクは食べやすい長さに切る。鶏モモ肉はひと口大に切る。
 
調理 1 ごはんをあたたかいうちにつぶし、ピンポン玉大になるように手のひらで丸めてだまこを作り、グリルで焼き色をつける。
両面焼きグリル:上下強火で5分

 
2 鍋にAを入れて煮立て、ゴボウと鶏肉を入れる。
 
3 鶏肉に火が通ったら、長ネギ、シュンギク、マイタケ、糸コンニャクを入れる。
 
4 食べる前にだまこを入れ、ひと煮立ちさせる。
 
片づけ 5 片づけ

こちらからエコ・クッキングのキホンをご覧いただけます。