イベント、出版物紹介

人気レストランシェフと学ぶスローフード
「本場イタリアから来たシェフに教えてもらう手打ちパスタ
〜オリジナル食材お土産付き」

日 時 2008年4月15日(火)18:00〜20:30
開催場所 東京ガス 新宿ショールーム・クッキングスタジオ
講 師 アルベルト・ベッティーニ氏
(フィレンツェ郊外の老舗レストラン「アメリーゴ」シェフ)
定 員 36名
参加費 3,500円(材料費、税込)
内 容
(1) スローフードのおはなし photo
(2) 実習
ボロニェーゼソース
(「アメリーゴ」のあるボローニャの名物料理と言えばボロニェーゼ(ミートソース)。クラッシックな本場の味を直伝してもらいます)
手打ちのタリアテッレ
「アメリーゴ」オススメのひと皿
ベッティーニ氏オススメのワイン
イタリア直輸入「アメリーゴ」オリジナル食材がお土産につきます。
食 材 イタリアから持ち込む「アメリーゴ」のオリジナル食材と、日本のスローフード「味の箱舟」に指定されている岩手県の牛肉「短角種」を使用予定です。
共 催 スローフード セントラルイースト東京/東京ガス
後 援 スローフードジャパン

<レストラン「アメリーゴ」&アルベルト・ベッティーニ プロフィール>
photoボローニャ南西の丘陵地帯、サモッジャ渓谷にあるサヴィーニョ市。周りを山々に囲まれ、その風景は美しい渓谷と森だけでなく、今も村に残る古城、礼拝堂、中世の塔、古い水車小屋などによって特徴的なものとなっています。「アメリーゴ」は、そんな素晴らしい土地で1934年から続くレストラン。その食とホスピタリティの素晴らしさで、村の人々だけでなく遠方からもファンを集める有名店です。
今回のスローフードワークショップの講師、アルベルト・ベッティーニ氏は3代目のオーナー。素材の自然な味覚を尊重しながら料理をすることをモットーとし、常に地域の新鮮な食材を最高の状態で使用することを心がけています。地域の伝統をかたくなに守りながら、調理を通して同時にそれをより革新的なものにしています。
「アメリーゴ」は、スローフード協会のレストランガイド、ガンベロロッソ、ミシュランの3誌に掲載された唯一のレストランとしても知られ、また、スローフード協会とのコラボレーションはもはや歴史的なものとなっています。


<申込み受付は終了いたしました>