イベント、出版物紹介

2009年度「MOMAJ 子どもの味覚教育」 開催のご案内

フランス農事功労章受章者協会(MOMAJ)
東京ガス株式会社 「食」情報センター

フランス農事功労章受章者協会(MOMAJ/会長:石橋伸康)と東京ガス株式会社(社長:鳥原光憲)では、2009年度「MOMAJ 味覚教育」を開催します。
2007年度からMOMAJでは小学生を対象に、ジャック・ピュイゼ教授のメソッドを基礎とし、日本の風土にマッチした味覚教育を開始しました。 一方、東京ガスでは他の企業に先駆け、1992年から「キッズ イン ザ キッチン」食育教室を展開し「食の自立」と「五感の育成」を推進しています。
今回は、昨年度同様に味覚教育を実施しているMOMAJに東京ガスが様々な協力をして、小学生を対象に、帝国ホテル総料理長 田中健一郎氏を講師に2009年度「MOMAJ味覚教育」を実施します。
皆様のご参加をお待ちしております。


◆共 催 フランス農事功労章受章者協会(MOMAJ)・東京ガス株式会社 「食」情報センター
◆期 間 2009年5月23日〜10月31日(計6回)
各回10時30分〜12時30分(校外学習と修了式の回を除く)
◆会 場 Studio +G GINZA(スタジオプラスジー ギンザ)
東京都中央区銀座7−9−15 GINZA gCUBE 5・6階
(校外学習と修了式の回を除く)
◆講 師 田中 健一郎氏(帝国ホテル 総料理長)
◆参加費 25,000円(6回コース)
◆対 象 小学校4.5年生 24名
◆申 込 申し込用紙をダウンロードして必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。
お申込みは、4/20(月)を締め切りとし、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
味覚教育お申込用紙(PDF 139kb)
◆内 容(予定) 第1回:5月23日(土)
開校式/レッスン1.「味覚の再認識」

甘味・塩味・苦味・酸味の4つの基本の味を溶液を目隠ししてテストし、次に本物の食材で味わいつつ再認識する。また、これらの味が重なることによって複雑な味へと変化していくことを実証し、味の基本を学ぶ。

第2回:6月20日(土)
レッスン2.「味覚以外の4つの感覚の再認識」

視覚・触覚・聴覚・嗅覚と食べ物との関連、味の変化について学ぶ。食べ物がもつ形、色、におい、温度差等と味との関連についてテストを通じて4つの感覚を再認識し、食を表現する的確な言葉の訓練を行う。

第3回:7月25日(土)
レッスン3.「校外学習 農場体験」

農場を訪れ、野菜の収穫を通じて野菜について学ぶ。また、作り手の方から野菜作りの話を伺うことで、農業に対する理解を高める。さらに、野菜を使った料理の試食から本当の野菜の味を認識する。

第4回:9月12日(土)
レッスン4.「フランスの家庭料理実習と試食会」

料理作りの過程において、いかに食材が変化していくか、料理を作る上で必要とされる衛生面、注意力、集中力、互いの協力などを通じ、料理の意義と食べることの楽しさ、食への感謝の気持ちを実体験する。

第5回:10月3日(土)
レッスン5.「食の多様性の学習とデザートの実習」

漁業・食肉業・加工業などの現状を学び、食の多様性や、自然環境と食との関連について学ぶ。
さらに、デザート作りを通じ、料理作りの楽しさと食の大切さを再度体験する。

第6回:10月31日(土)
「修了証の授与とプロの作った料理を楽しむ食事会」

食の感動、食の楽しさなどを分かち合い、味わうことがいかに大切かを学ぶ。また、食事会を通じ、食のマナー、食における会話などがいかに大切かを学習する。今一度、食の大切さ、尊さ、食への感謝の気持ちを育む。

2008年度MOMAJ味覚教育(2008年10月〜2009年3月)の様子
味覚の再認識   味覚以外の4つの感覚の再認識   農場体験
開催イメージ   開催イメージ   開催イメージ
フランスの家庭料理実習   食の多様性の学習とデザートの実習   修了式と食事会
開催イメージ   開催イメージ   開催イメージ

<お申込みは終了いたしました>