東京ガス 「食」情報センター

ニッポン食育フェア内東京ガス「キッズ・イン・ザ・キッチン」について

「キッズ・イン・ザ・キッチン 子どもを台所へ」の意味どおり、東京ガスでは1992年から主に料理教室を通して食育活動を展開しています。

子どもたちだけで、料理を「最初から最後まで」五感をつかって、まるごと体験し、普段家ではやらせてもらえない包丁やガスコンロの作業などにも挑戦します。子どもが主体となってトータルに関わることで、達成感はひとしおですし、料理を通じて、友達との協力やマナー、おいしさ、食材についての知識、食文化など、本当にさまざまなことを感じ取ります。

今回は野菜嫌いな子どもでもおいしく楽しく食べられるオリジナルの「野菜とじゃこの焼きうどん」に挑戦。自分で作ると嫌いな野菜も食べられるし、いつもよりもっとおいしく感じます。きっと、家に帰ってからお母さんに作ってあげたくなるでしょう。食べてもらいたい、という気持ちも大切です。

料理の準備から、あとかたづけまでトータルでおこないます。食材を無駄なくおいしく食べる、食器の洗い方、ゴミの捨て方。一番身近な環境問題も考えます。

すぐに何でも手に入る今日この頃ですが、おいしいもの、からだによいもの、安全なもの、を「選ぶ力」をつけるには、実体験がとても大切です。

是非、キッチンへ子どもを呼び入れて、一緒に食の楽しさ、大切さを感じ取ってください。家族のコミュニケーション増大にもなりますよ。

【閉じる】