離乳食レシピ

まずは知ろう! 離乳食の進め方・早見表

母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんが、少しずつ「食べる」を覚えていくこと、これが離乳食の過程です。赤ちゃんの成長・発達に合わせてステップアップしていきましょう。

  • ゴックン期
  • モグモグ期
  • カミカミ期
  • パクパク期

5〜6ヶ月頃 ゴックン期
進め方のポイント 1日1回食。体調や機嫌のいい日にスタートしましょう。
この時期は栄養を摂ることよりも、母乳・ミルク以外の味や、飲み込むことに慣れることを目的とします。初めての食材は、1日1種類にします。アレルギーの少ないお粥から始めるとよいでしょう。焦らずゆっくりすすめましょう!
食べさせ方のポイント 自分で口の中にうまく取り込むことを覚えさせましょう。
ミルクをあげる感じで抱いてスプーンであげます。まずは、スプーンで赤ちゃんの下唇にトントンと合図を送り、口を開いたら舌の真ん中に離乳食をのせます。上唇で食べ物を取り込むのを待って口を閉じたらそっとスプーンを抜くようにします。
形態と固さの目安 最初は、液体、次に少しとろっとしたポタージュ状のものを飲み込みます。
スプーンに慣れてきたら、ベタベタ状のものを飲み込めるゴックン上手を目指します。飲み込みが難しい様ならのどごしをよくするためにとろみをつけましょう。
分量の目安 1日1回、1さじずつ始めます。様子を見ながら少しずつ増やします。
お粥(10倍粥)1さじ〜/回、野菜1さじ〜/回
この時期は主に母乳やミルクから栄養を摂っています。飲みたいだけあげましょう。
味付けのポイント 調味料は使いません。
だしや野菜を煮た汁で素材の味をいかしましょう。
食べられる物 つぶし粥(10倍粥)、なめらかにつぶせる野菜、豆腐、白身魚など
食べられない物 そば、卵、肉、白身以外の魚、納豆、はちみつなど
●離乳食作りに便利な道具:
 軽量カップ・スプーン、すり鉢・すりこ木、おろし器、茶こし、小鍋など
●離乳食の調理法:
 裏ごす⇒ 野菜の繊維質を除き、すりつぶすよりさらになめらかにしたいとき。
 すりおろす⇒ 根菜、乾物など、すりおろすと簡単に細かくなり、繊維も切れてなめらかになる。
 すりつぶす⇒ 柔らかく茹でた食材などをすり鉢ですりおろす。
 茹でる⇒ たっぷりの水で茹でる(塩抜きや脂を落とすとき)。
7〜8ヶ月頃 モグモグ期
進め方のポイント 離乳食に慣れてきたら、1日2回食にすすめます。
口を動かして食べ物を舌とあごでつぶしながら食べられるようになっていきます。色々な味や、舌ざわりを楽しめるように食材の種類を増やしていきましょう!
食べさせ方のポイント 前期に続いて自分で食べ物を取り込む練習をします。
ベビーチェアなどに座らせます。お座りが安定していない場合は後ろから手で支えて食べさせます。スプーンは前期より少し大きく深めのものになります。
形態と固さの目安 舌でつぶせる固さにします。
絹ごし豆腐を目安に指でつまむと楽につぶれる位の固さ、5〜8mm角程度にします。パサパサしたものにはとろみをつけましょう。
分量の目安 前半は1日2回に慣れていく時期。後半は2回ともしっかり食べられるようになったらモグモグしないと呑み込めない物を増やします。
お粥(7倍粥)50〜80g/回、野菜20〜30g/回 、肉または魚10〜15g/回
離乳食と母乳やミルクはワンセットであげましょう。
味付けのポイント 風味づけ程度の味つけにします。
ごく少量の醤油、味噌などで素材の味をいかしましょう!(だしは前期に加え、煮干しだしも使えるようになります)
食べられる物 前期に加え、鶏ささみ、赤身魚、納豆、卵黄、プレーンヨーグルトなど
食べられない物 そば、卵白、鶏以外のお肉(豚・牛)、青魚、マヨネーズ、はちみつなど
●離乳食作りに便利な道具:
 軽量カップ・スプーン、すり鉢・すりこ木、おろし器、茶こし、小鍋など
●離乳食の調理法:
 裏ごす⇒ 野菜の繊維質を除き、すりつぶすよりさらになめらかにしたいとき。
 すりおろす⇒ 根菜、乾物など、すりおろすと簡単に細かくなり、繊維も切れてなめらかになる。
 すりつぶす⇒ 柔らかく茹でた食材などをすり鉢ですりおろす。
 茹でる⇒ たっぷりの水で茹でる(塩抜きや脂を落とすとき)。
9〜11ヶ月頃 カミカミ期
進め方のポイント 食事のリズムを大切に1日3回食に進めていきましょう!
舌も前後、左右に動くようになります。そしゃく力をつけ、自分で食べる意欲を育てましょう!
食べさせ方のポイント 「自分で食べたい」という気持ちが大きくなってくる時期で手づかみで食べ物の感触を確かめます。
ベビーチェアなどに座らせます。コップから飲ませたり、スプーンやフォークの練習もしましょう。
形態と固さの目安 歯ぐきでつぶせる固さにします。
厚焼き玉子や完熟バナナ位の固さを目安に1cm角程度に切ります。指でつまめる大きさやスティック状のものも取り入れましょう。
分量の目安 お粥(全粥)90g〜100g/回⇒軟飯/80gヘ、野菜30〜40g/回、肉または魚15g/回
母乳やミルクは1日2回程度
味付けのポイント 前期に加え、少量の砂糖や酢も使えるようになります。
(鶏や豚のだしも使えるようになります)
食べられる物 前期に加え、全卵(完全に加熱された状態)、加熱マヨネーズなど
食べられない物 そば、餅、カニ、エビ、はちみつなど
●離乳食作りに便利な道具:
 軽量カップ・スプーン、すり鉢・すりこ木、おろし器、茶こし、小鍋など
●離乳食の調理法:
 裏ごす⇒ 野菜の繊維質を除き、すりつぶすよりさらになめらかにしたいとき。
 すりおろす⇒ 根菜、乾物など、すりおろすと簡単に細かくなり、繊維も切れてなめらかになる。
 すりつぶす⇒ 柔らかく茹でた食材などをすり鉢ですりおろす。
 茹でる⇒ たっぷりの水で茹でる(塩抜きや脂を落とすとき)。
1歳〜1歳6ケ月頃 パクパク期
進め方のポイント 朝、昼、夕の1日3回と間食の食生活のリズムを整えましょう。
この時期は離乳食の仕上げで幼児食へ移行する準備時期です。
間食はお菓子に偏らないようにしましょう!
食べさせ方のポイント スプーンにうまくのらない物を手で食べたり、指でつまんだりしますが少しだけ援助して「自分で食べられた」ことの満足感を持たせましょう。
食べる場所を決め、食事に集中できる環境を作ります。食事時間は20〜30分を目安に、声をかけ楽しい雰囲気で進めていきましょう。
形態と固さの目安 前歯でかみとって、歯ぐきですりつぶせるような形態にします。
おにぎり、スティック状のパンなど。また、よくかんで食べるフランスパンの薄切りなども取り入れましょう。
分量の目安 軟飯90g/回⇒ご飯80g/回ヘ、野菜40〜50g/回、肉または魚15〜20g/回
母乳やミルクは1日1回から徐々に減らして行きましょう。
味付けのポイント 前期までに習慣づけた薄味を心がけましょう。
食べられる物 前期に加え、半熟状の卵など
食べられない物 刺身、餅、こんにゃく、わさびなど
●離乳食作りに便利な道具:
 軽量カップ・スプーン、すり鉢・すりこ木、おろし器、茶こし、小鍋など
●離乳食の調理法:
 裏ごす⇒ 野菜の繊維質を除き、すりつぶすよりさらになめらかにしたいとき。
 すりおろす⇒ 根菜、乾物など、すりおろすと簡単に細かくなり、繊維も切れてなめらかになる。
 すりつぶす⇒ 柔らかく茹でた食材などをすり鉢ですりおろす。
 茹でる⇒ たっぷりの水で茹でる(塩抜きや脂を落とすとき)。

参考資料:厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」