カレーパン ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

カレーパン

  • 30分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 小森俊幸
  • 「カフェ・ド・クルー」
    シェフ・ブーランジェ
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの温度調節機能ボタンで温度を設定すればあとはコンロが火加減を自動調節してくれる便利な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 6個分
    A 強力粉
    150g(100%) <カレーフィリング>  
      上白糖
    7.5g(5%) タマネギ(みじん切り) 30g
     
    3g(2%) サラダ油 適量
      スキムミルク
    3g(2%) バター 25g
      インスタントドライイースト
    1.8g(1.2%) 薄力粉 20g
     
    84g(56%) 自家製カレー 200g
    バター 7.5g(5%)    
    ご飯 45g(30%)    
           
    カレーフィリング 1個につき30g    
    パン粉 適量    
  •  
  •  
  • 1 カレーフィリングを作ります。
    フライパンにサラダ油を熱し、タマネギを透き通るくらいまで炒めます。水分がしっかりとなくなったらバターを入れます(焦がさないように注意)。バターが溶けたら薄力粉を2〜3回に分けて入れ、粉っぽさがとれるまで混ぜます。自家製カレーを入れて混ぜ、火からおろしてしっかり冷やします。
  •  
  •  
  • 1 Aの材料をボウルに入れてこねます。
    2 生地がまとまってきたらバターを加え、さらにこねます。
    3 生地がしっかりとしたところでご飯を加えてまとめます。しっかりとまとまったら、一次発酵をとります。(約40分)
    4 スケッパーで6個に分割して丸め、休ませます。(約10分)
    5 カレーフィリングを包み、パン粉をつけて二次発酵をとります。(約30分)
    6 油で揚げます。(約4分)
    温度調節機能 180℃
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    小森俊幸(「カフェ・ド・クルー」シェフ・ブーランジェ)
    「カフェ・ド・クルー」という店名は、仲間が集う場所という意味の造語。横須賀に生まれ育ちこの地を愛してやまないオーナーが、できるかぎりの地産地消を目指し、よこすか小麦の栽培育成や地元農家とのコラボレーションを続け、仲間が集まる場所であり続けるために、美味しくて元気になれる様々なパンの提供をしている。第1回日本全国ご当地パン祭り(全パン連主催)【よこすか海軍カレーパン】人気投票第1位。

    URL:http://www.cafedecrew.com

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    地元神奈川の米粉+国産小麦という厳選した材料を使用したこのパンは、米粉を提供していただく神奈川の酒蔵さんや、国産小麦を確保していただく小麦問屋さんなど、多くの方の協力により誕生したものです。どの店舗にも真似できない「地元の生地」へのこだわりを残していきたいと思います。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る