そば粉のガレット(クレープ) ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

そば粉のガレット(クレープ)

  • 15分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 難波秀行
  • 元「ミクニ ヨコハマ」料理長
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの温度調節機能ボタンで温度を設定すればあとはコンロが火加減を自動調節してくれる便利な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 作りやすい分量
    バター(食塩不使用) 30g 卵黄 1個
    そば粉 100g サラダ油 大さじ1
    薄力粉 30g 350ml
    全卵 2個 ひとつまみ
  •  
  •  
  • 1 焦がしバターを作ります。鍋にバターを入れて火にかけ、色づいて香ばしいかおりが立ってきたら火からおろし、粗熱をとります。(焦がしすぎないように注意)
    2 ジューサーに全卵、卵黄、水、そば粉、薄力粉、塩、サラダ油の順に入れ混ぜます。
    3 【2】に【1】を加え、さらに混ぜます。
    4 【3】を容器に入れラップをし、冷蔵庫で一晩寝かせます。
    5 フッ素樹脂加工のフライパンにサラダ油(分量外)を薄くひき、生地を薄くひき焼きます。縁が浮き上がり、色づいてきたら返して焼き、取り出します。
    温度調節機能 200℃
    ボウルとホイッパーで作ることもできます。その場合は粉類を先にボウルに入れ、後から水分を加えて混ぜます。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    難波秀行(元「ミクニ ヨコハマ」料理長)
    18歳から厨房に入る。広島、東京のレストランで修業し、2001年渡仏。
    一時帰国し、ラ・ロシェル南青山の石井シェフに師事し、再び渡仏。
    ブルターニュの2つ星「オテル・ド・カランテック」、パリの3つ星「ルドワイヤン」その支店の1つ星「E.T.C」にて部門シェフ等を務める。2009年帰国し、三國シェフに出会い、「ミクニ ヨコハマ」料理長となる。
    現在は独立開業にむけて準備をしながら、薬膳やフレンチのメニュープロデュースや料理教室、料理講習、セミナー、講演、食育活動を行う。

    URL:http://www.mikuni-yokohama.com/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    フランスのブルターニュ地方を象徴する“ガレット”は、100年以上前から続いていて、100年後にも残していきたいと思う料理です。
    ブルターニュの風土や文化を伝えることは、惜しまず教えてくれたシェフ達に敬意を払うとともに、この土地で修行をした自分の使命であり、今後も受け継いでいきたいと思っています。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る