チキンライス ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

チキンライス

  • 20分(準備・トマトソースを冷ます時間は除く)

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 井上直久
  • 「資生堂パーラー」銀座本店 調理長
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの自動炊飯機能「炊飯」ボタンを押すだけでコンロでご飯やおかゆが炊ける便利な機能です。火加減調節から消火まで、全て自動で、おいしいご飯が炊きあがります。
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

  •  
  • ※チキンライスのベースは一度冷ますことで味がなじみ、より美味しく仕上がります。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    鶏モモ肉 120g
    A トマトケチャップ
    100g
    タマネギ 100g
      トマトペースト
    10g
    マッシュルーム 80g ご飯(温かいもの) 500g
    バター 5g パルミジャーノ レッジャーノ(おろす) 5g
        塩、コショウ 各適量
  •  
  •  
  • 1 ご飯は自動炊飯機能で炊きます(ややかために炊き上がるように水加減をします)。
  •  
  •  
  • 1 鶏モモ肉はひと口大に切ります。タマネギはみじん切り、マッシュルームはスライスします。
    2 厚手の鍋を熱してバターを加え、鶏モモ肉を強火でソテーします。さらにタマネギ、マッシュルームを加え、塩、コショウをして強火で炒めます。
    3 水分がなくなってきたらAを加え、焦がさないように混ぜながら中火で煮詰めます。
    コンロ調理タイマー 約8分
    火からおろし、そのまま冷まします。
    4 フライパンで【3】を温め、ご飯を加えます。フライパンをあおりながら混ぜ、パルミジャーノ レッジャーノ、塩、コショウで味を調え、器に盛ります。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    井上直久
    (「資生堂パーラー」銀座本店 調理長)
    1967年東京生まれ。1986年、株式会社資生堂パーラー入社。都内、横浜などの店舗を経て2001年、資生堂パーラー銀座4丁目店調理長に就任。2008年、レストラン事業部エリアマネージャー、2012年、資生堂パーラー銀座本店調理長に就任する。

    URL:http://parlour.shiseido.co.jp/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    ご家庭のチキンライスは、ごはんと具をケチャップ味で炒めることが多いはず。資生堂パーラーでは、まず具となる鶏肉や玉葱、マッシュルームをトマトの風味でじっくり煮込み、「たね」を仕上げてから、ごはんと炒め合わせます。このつくり方なら、鶏肉を大きく切っても,中まで味がしっかり染みこみ、さらにトマトの酸味もまろやかになってひと味違うチキンライスができるのです。チキンライスは、これからも料理の定番です。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る