トマトカレー ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

トマトカレー

  • 30分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 坂田幹靖
  • 「GINZA kansei」オーナーシェフ
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの自動炊飯機能「炊飯」ボタンを押すだけでコンロでご飯やおかゆが炊ける便利な機能です。火加減調節から消火まで、全て自動で、おいしいご飯が炊きあがります。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    A ニンニク
    10g 小麦粉 6g
      ショウガ
    10g ブイヨン 200ml
      タマネギ
    30g
    B フォン・ド・ヴォー
    100ml
      ニンジン
    50g
      ローリエ
    1枚
    トマト(皮付き) 400g
      タイム(ドライ)
    少々
    バター(食塩不使用) 30g    
    イタリア製唐辛子(種ごと使用)※ 1/2本 *盛り付け用
    8g 雑穀入りご飯 適量
    カレーパウダー 12g トマト(80〜100g程度) 4個
    ※イタリア製唐辛子が手に入らない場合は、カイエンヌペッパー(粉)1gで代用可。
  •  
  •  
  • 1 Aの野菜はみじん切りにします。トマトはさいの目切りにします(種も使います)。
  •  
  •  
  • 1 鍋にバター、ニンニク、ショウガ、唐辛子を入れて火にかけ、焦がさない程度にソテーします。
    2 タマネギとニンジン、塩を加えてソテーし、水分を飛ばします(中火〜弱火)。
    3 カレーパウダーを加えよく混ぜます。更に小麦粉を入れて混ぜ、ブイヨンを少しずつ加えながらダマにならないように混ぜます。
    4 Bとトマトを入れ、沸騰したら弱火で煮込みます。
    コンロ調理タイマー 15分
    火を止めて急冷し、一晩寝かせます。
    5 雑穀入りご飯を自動炊飯機能で炊きます。
    6 【4】を鍋で温めて皿に敷き、中央に【5】と薄く切ったトマトを乗せます。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    坂田幹靖
    (「GINZA kansei」オーナーシェフ)
    1955年宮城県生まれ。
    東京・お茶の水「山の上ホテル」で修行後渡仏し、研鑽を踏む。1990年、東京・青山に「Kansei」を開店。2004年に銀座に移転し、現在に至る。
    2011年、料理マスターズ受賞。2012年、フード・アクション・ニッポン受賞。
    日本各地の優れた食材を積極的に使用した料理が好評を博している。

    URL:http://ginzakansei.com/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    フランス料理人としてカレーを作ったらどうなるだろうか?
    一皿のお料理としての美しさと美味しさの完成度はデティールにこだわりすぎて本質を見失ってはないだろうかと自問自答しながら作り上げた100年後にも味わいたい一皿です。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る