ソフトシェル海老のカルピオーネ Carpione di gamberi all' aceto bianco ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

ソフトシェル海老のカルピオーネ Carpione di gamberi all' aceto bianco

  • 20分(準備の時間を除く)

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 伊藤亮太郎
  • 「タロス」シェフ
  •  

  •  
  • ピピッとコンロのグリル機能汁受け皿への水入れは不要。上下のバーナーで一気に焼きあげるグリルは食材をひっくり返す手間も不要です。タイマーもついているため時間になったら自動で消火してくれる優れもの。魚以外の料理も幅広く活用できます。
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの温度調節機能ボタンで温度を設定すればあとはコンロが火加減を自動調節してくれる便利な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    ソフトシェル海老 16尾 レーズン 50g
    セモリナ粉 適量 松の実 30g
    サラダ油 適量
    A 白ワインビネガー
    100ml
    オリーブオイル 大さじ2
    100ml
    ニンニク(つぶす) 1かけ
    砂糖
    40g
    タマネギ(スライス) 1個    
    適量    
  •  
  •  
  • 1 レーズンを水で戻します(10分程度)。
    2 松の実をかるくローストします。
    ガス高速オーブン(予熱なし) 180℃−約5分
  •  
  •  
  • 1 ソフトシェル海老にセモリナ粉をつけ、サラダ油でカリッと揚げます。
    温度調節機能 180℃
    2 フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて弱火にかけ、香りを出します。
    3 【2】にタマネギを入れ、塩をしてしんなりするまで炒めます。
    4 レーズン、松の実、Aを加え、余分な水分を飛ばします。
    5 【1】を加えて崩れないように混ぜ合わせ、器に盛りつけます。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    伊藤亮太郎
    (「タロス」シェフ)
    2001年3月国際製菓専門学校卒業。4月パン職人にあこがれて「東京ポンパドウル」入店。
    2006年1月個人店でのノウハウを習得するため、代々木上原「ブーランジェリープーブー」入店。
    2008年10月 料理の基本を学ぶため、渋谷「タロス」入店。2012年4月サルデーニャ島での研修により、郷土料理への理解を深める。2012年10月シェフ就任。

    URL:http://www.tharros.jp/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    お客様から大変ご好評いただいています。夏はサンマ、冬はワカサギなど様々な旬の食材を使うことで、カルピオーネのバリエーションはさらに広がります。100年後はどんな食材でアレンジができるか楽しみになる、そんなおすすめ料理として今回ご紹介させていただきました。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る