ブリ大根 ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

ブリ大根

  • 30分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 下村邦和
  • 「元町SHIMOMURA」
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    大根 250g
    A
    200ml
    ぶりのアラ 500g
     
    200ml
    青身(インゲン、絹さや等) 適量
      みりん
    165ml
    柚子の皮 適量
      醤油
    50ml
        たまり醤油 大さじ1
        卸生姜 適量
  •  
  •  
  • 1 大根を一口大に切り、米のとぎ汁(分量外)で串がスーッと通るくらいまで下茹でします。
    2 ぶりのアラはサッと湯通しした後、水で鱗や血合い等の汚れを洗い流し、水気を拭きます。
    3 柚子の皮は針柚子(※1)にします。青身は塩を入れた湯でボイルし、冷水に落とします。
    4 【1】【2】を鍋に入れ、Aを加えて強めの中火で煮ます(時々、煮汁を全体にかけます)。
    コンロ調理タイマー 15分
    5 煮汁が半量くらいになるまで煮詰めたら、たまり醤油を加えます。
    6 煮汁がひたひたになり、軽くとろみがついたら火を止め、絞り生姜(※2)を適量加えます。
    7 器に盛り、青身を天盛りにして針柚子を添えます。
    ※1 柚子の皮を細く切ったもののこと。
    ※2 卸生姜の絞り汁のこと。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    下村邦和
    (「元町SHIMOMURA」)
    横浜・関内を中心に展開する和食創作料理店、関内本店「月」・横浜店「月」・「蘇」の総料理長を務める。日経レストラン主催 全国メニューグランプリにて「黒豚の黒煮」優勝・「雪のしずく」準優勝。
    他、優秀賞・金賞・レシピ大賞など多数受賞。「はなまるマーケット」「王様のブランチ」「旅サラダ」「ザ・ワイド」「近代食堂」「日経レストラン」など、テレビ・雑誌など多方面で活躍中。

    URL:http://www.bibi21.com/yukiszk.html

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    日本料理の修業時代に食べたブリ大根、こんなに美味しい煮魚があるのか!と衝撃が走ったのを覚えています。
    料理人とは伝統を守りながら新しい料理に挑戦することが仕事ですが、当たり前の料理を当たり前に作れて初めて新しい料理を生み出すことができます。
    日本の味、ブリ大根を100年後にも変わらぬ味のまま、未来の料理人に作り続けてほしいと願っています。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る