春夏秋冬土鍋で四(し)あわせご飯 ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

春夏秋冬土鍋で四(し)あわせご飯

  • 各15分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 舘野雄二
  • 「みちば和食 たて野」店主
  •  

  •  
  • ピピッとコンロのグリル機能汁受け皿への水入れは不要。上下のバーナーで一気に焼きあげるグリルは食材をひっくり返す手間も不要です。タイマーもついているため時間になったら自動で消火してくれる優れもの。魚以外の料理も幅広く活用できます。
  •  

このページを印刷する

〔春〕桜海老と竹の子の合わせご飯
  •  
  • 4人分
    桜海老(乾燥) 10g 土鍋で炊いたご飯(別記参照) 2合分
    茹で竹の子 320g 寿司酢 大さじ2と1/2
    煮汁
    (市販のめんつゆ1を水6で希釈したもの) 
    適量 木の芽(みじん切り) 12枚
    蕗(作り方【2】で煮たもの) 100g 炒り胡麻(白) 大さじ1
  •  
  •  
  • 1 桜海老は熱湯でさっと茹でます。竹の子は1本を縦4等分にして鍋に入れ、煮汁をひたひたまで加えて火にかけます。落し蓋をし、汁がなくなるまでコトコトと煮ます。そのまま冷まし、根元から1/3位までの部分はみじん切りに、残りは親指の爪くらいの大きさに切ります。
    2 蕗は生のまま皮をむいて縦半分に切り、更に斜めに刻んでさっと水にさらし、あく抜きします。
    鍋に煮汁適量を沸かし、水気をきった蕗を入れて箸で炒るように混ぜながら火を通します。火からおろし、ザルにあげて汁気をきります。
    3 炊き立てのご飯に寿司酢を手早く混ぜ、みじん切りにした竹の子と木の芽、炒り胡麻を混ぜ合わせます。器に盛り、上に残りの竹の子と蕗、桜海老を盛り付けます。
     * 蕗は市販の煮蕗(味付)を使っても可。そのまま斜めに刻み、仕上げに盛り付けるだけでOKです。
  •  

〔夏〕焼き鯵と塩昆布の合わせご飯
  •  
  • 4人分
    鯵の干物 4枚 土鍋で炊いたご飯(別記参照) 2合分
    青じそ 10枚 塩昆布 適量
    赤しば漬け 80g 針生姜(※) 40g
    ※生姜をごく細いせん切りにしたもの。切った後さっと水にさらして使う。
  •  
  •  
  • 1 鯵の干物は焦げ目がつく位に焼き、骨を取り除きながら身を大きめにほぐします。皮は細かく刻みます。
    両面焼き水なしグリル 上下強火―約5分
    2 青じそはせん切りにし、水にさらしてあく抜きし水気をきります。しば漬けはみじん切りにして汁気をとります。
    3 炊き立てのご飯に【1】の鯵の身と塩昆布を入れてさっくりと混ぜ、器に盛ります。上に鯵の皮、【2】、水気をきった針生姜を盛り付け、混ぜながらいただきます。
     * お茶または出し汁をかけてお茶漬けにしても、食欲がない時に最適です。
  •  

〔秋〕焼き鮭ときのこの合わせご飯 いくらの餡かけ
  •  
  • 4人分
    生鮭切り身 4切れ 水溶き片栗粉 適量
    しめじ 1パック いくら醤油漬け 200g
    A 市販のめんつゆ
    80ml 卸生姜 適量
     
    240ml 柚子の皮(せん切り) 適量
    土鍋で炊いたご飯(別記参照) 2合分    
  •  
  •  
  • 1 生鮭はグリルで焼きます。
    両面焼き水なしグリル 上下強火―約6分
    焼き上がったら皮を取り、骨を取り除きながら身をほぐします。皮は香ばしくなるまで更に焼き、刻みます。
    両面焼き水なしグリル 上下弱火―約1分(焦げやすいので注意します)
    2 しめじは石づきをとり、ほぐします。
    3 Aを合わせ、そのうち120mlを小鍋に入れて火にかけます。沸騰したら【2】を入れてしんなりするまで煮ます。火を止めてそのまま冷まし、汁気をきります。
    4 炊き立てのご飯に【1】の鮭の身と【3】を入れてさっくりと混ぜ合わせ、鮭の皮と共に器に盛ります。
    5 鍋に残りのAを入れて火にかけ、沸騰したら水溶き片栗粉を加えて固めの餡を作ります。ほぐしたいくらを加えて手早く混ぜ、火を止めて生姜汁を絞ります。【4】にかけ、柚子の皮を添えます。
  •  

〔冬〕肉ときんぴらの合わせご飯
  •  
  • 4人分
    蓮根 小1節
    A 市販のめんつゆ
    100ml
    ごぼう 1/2本
     
    100ml
    人参 ごぼうの半量 土鍋で炊いたご飯(別記参照) 2合分
    胡麻油 少々 万能葱(小口切り) 適量
    牛豚ひき肉 200g    
  •  
  •  
  • 1 蓮根は皮をむき、両端を切り落として鍋に入れます。水と少量の酢(分量外)を入れて火にかけ、火が通るまで茹でます。水にさらして冷まし、あられ切りにします(蓮根は茹でてから切ることで、割れずに切りやすくなります)。
    2 ごぼうと人参もあられに切り、軽く下茹でします。
    3 フライパンに胡麻油を熱し、【1】と【2】を炒めます。全体に油がまわったら牛豚ひき肉を加え、肉に火が通るまで炒めます。Aを入れて沸騰したら弱火にし、汁気がなくなるまで煮ます。
    4 炊き立てのご飯に混ぜ合わせ、器に盛って万能葱を添えます。
     * サラダ菜で巻いていただくのもおすすめです。
  •  

〔土鍋ご飯の基本の炊き方〕
  •  
  • 3合 540ml
  •  
  •  
  • 1 米は洗ってザルにあげ、軽く水気をきります。土鍋に入れて分量の水を加え、30分〜1時間ほどおきます。
    2 【1】を中火〜強火にかけ、10分かけて沸騰させます。沸騰したら弱火にして20分加熱し、火を止めて10分蒸らします。
     * 四あわせご飯で使う量は米2合分ですが、ここでは美味しく炊けるおすすめの分量として3合分で記載しています。
     * 米を水につける時間は、夏場は30分、冬場は1時間が目安です。
     * この炊き方は、一般的な鍋物用土鍋を使用する場合の基本的な方法です。加熱時間や火加減は土鍋の厚さや形状によって変わりますので、ご飯炊き専用の土鍋をお使いになる場合は説明書に従って炊いてください。
  •  

  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    舘野雄二
    (「みちば和食 たて野」店主)
    1983年、道場六三郎氏の門下に入り料理界に。1997年に「ポワソン六三郎」料理長となる。2008年、「みちば和食 たて野」オープン。現在に至る。道場六三郎より受け継いだ柔軟な発想で創る当店ならではの料理(道場和食)のコツを広く伝えたく、料理講習など活動の場を広げている。

    URL:http://www.tateno.info/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    何千年も昔からあるお米。日本人のベースにあるお米は、きっとこれからも変わらないですし、残ってほしいものです。
    そんな“米”という無垢な白にどう色付けしていくかを考えた時に思い付いたのが、この“四あわせご飯”です。今までもこれからも、是非ガスの炎でそして土鍋で美味しくお米を炊いてほしいと思います。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る