四川麻婆豆腐 〜四川山椒入りマーボードウフ〜 ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

四川麻婆豆腐 〜四川山椒入りマーボードウフ〜

  • 20分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 中川 優
  • 「天外天」総料理長
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    木綿豆腐(一丁350g位) 1と1/2丁 鶏ガラスープ 400ml
    豚肩ロースひき肉 120g 紹興酒 大さじ1
    サラダ油 大さじ2 醤油 大さじ1
    A ニンニク(みじん切り)
    小さじ1/3 青ネギ(みじん切り) 3本
      豆豉(※1)
    小さじ1 水溶き片栗粉 大さじ2
      四川山椒(粗びき ※2)
    小さじ1/2 サラダ油 大さじ1
      豆板醤
    大さじ1    
      甜麺醤
    大さじ1    
    ※1 トウチ。黒豆の発酵調味料
    ※2 カホクザンショウの果皮を乾燥させた香辛料のこと。花椒(ホアジャオ)ともいう。
  •  
  •  
  • 1 豆腐は2cm角に切ります。
    2 鍋を熱してサラダ油を入れ、豚ひき肉を炒めます。色が白くなりパラパラになったらAを加えてさらに炒め、鶏ガラスープを加えます。
    3 【2】と同時に、別鍋に500mlの湯を沸かし、【1】を入れます。再沸騰する前に取り出し、【2】の鍋に入れます。紹興酒と醤油を加え、弱火で煮ます。
    コンロ調理タイマー 5分〜
    4 味を調えて青ネギのみじん切りを加え、水溶き片栗粉でとろみをつけます。最後に鍋肌からサラダ油を加え、器に盛り付けます。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    中川 優
    (「天外天」総料理長)
    愛媛県生まれ。
    赤坂四川飯店に入社し、故・陳健民氏に師事のもと11年間修行。1989年に文京区千駄木に「天外天 本店」をオープン。2年後には本店のほど近くに「天外天別館」をオープンさせる。 現在は別館にて自身による料理講習会を毎月開催するほか、テレビや雑誌など多方面にわたり活躍中。

    URL:http://tengaiten.com/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    四川料理を代表する四川麻婆豆腐は、見習い時代に初めて食べた美味しい記憶が強く残っています。
    豆板醤、甜麺醤、挽肉と豆腐のシンプルな食材ですが、作る人により色んな四川麻婆豆腐になります。
    この四川麻婆豆腐を100年後にも伝えたいと思います。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る