ポロネギとポテトのクリームスープ“ヴィシソワーズ” ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

ポロネギとポテトのクリームスープ“ヴィシソワーズ”

  • 45分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 松本浩之
  • 「レストランFEU」料理長
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    タマネギ 40g
    A 牛乳
    250ml
    ポロネギ(※1) 40g
      生クリーム(乳脂肪分35%)
    100ml
    ジャガイモ(メークイン) 120g シェリー酒 25ml
    バター 50g 塩、コショウ(白) 各適量
    ひとつまみ
    チキンブイヨン 350ml シブレット(みじん切り ※2) 1/4束
    ローリエ 1枚 ポロネギ (黄緑色部分のスライス) 適量
    ※1 ネギの一種。ポワロー、リーキともいう。
    ※2 ネギの一種。チャイブともいう。
  •  
  •  
  • 1 タマネギ、ポロネギ、ジャガイモは薄くスライスします。
    2 鍋にバターを溶かし、【1】を入れます。分量の塩を加え、弱火で汗をかかせるように炒めます。
    3 チキンブイヨンを加えて強火にし、沸騰したら火を弱めてアクをすくいます。ローリエを加えて煮ます。
    コンロ調理タイマー 20分
    4 ミキサーにかけてボウルに漉し入れ、氷水にあてて冷やします。Aを加え、仕上げにシェリー酒を加えて塩、コショウで味を調えます。
    5 スープ皿に盛り、シブレットのみじん切りとポロネギのスライスを散らします。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    松本浩之
    (「レストランFEU」料理長)
    1969年生まれ。大阪辻調理師学校卒業後、「銀座レザンジュ」を皮切りに「小田原ステラマリス」を経て26歳で渡仏。星付きレストランでの料理はもとより食文化、経営学などを学ぶ。2001年帰国後、「銀座レザンジュ」総料理長、「ベージュ東京」副料理長、「表参道バンブー」料理長を歴任し、2006年より「レストランFEU」料理長を務める。

    URL:http://www.feu.co.jp/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    「ヴィシソワーズ」。その昔、フランスのヴィシーという町で母が息子にあり合わせのポテトとポロねぎで作ったスープをいつの日か腕利きの料理人になった息子は母を思い出して作ったというスープ。昔から今も作り続けられる料理というのは必ずストーリーがあります。私自身、親子2代で料理人という観点から息子にも伝えたい料理という事で決めました。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る