鶏つくねとごぼうのみぞれ鍋 ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

鶏つくねとごぼうのみぞれ鍋

  • 20分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 笠原将弘
  • 「賛否両論」店主
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    玉葱 500g ごぼう 1本
    A 鶏ひき肉
    500g 大根 300g
    1個 万能ねぎ 5本
     
    小さじ1 柚子の皮 少々
      砂糖
    大さじ1
    B
    1.5リットル
      醤油
    大さじ1
      薄口醤油
    75ml
      みりん
    大さじ1
      みりん
    75ml
      片栗粉
    大さじ1
      出し昆布
    5g
        胡椒(黒) 少々
  •  
  •  
  • 1 玉葱はすりおろし、布巾で包み水気をしっかりと絞ります。
    2 【1】に鶏ひき肉とAを入れ、練り混ぜてつくね生地を作ります。
    3 ごぼうはささがきにしてさっと洗います。大根はすりおろし、水気をきります。
    万能ねぎは小口切りに、柚子の皮はせん切りにします。
    4 鍋にBを入れて火にかけ、沸騰したら【2】をスプーンで丸めながら落とし、中火で煮ます。つくねが全て入ったら昆布を取り出し、ごぼうを入れて煮ます。
    コンロ調理タイマー 10分
    5 ごぼうに火が通ったら、すりおろした大根をのせて万能ねぎと柚子の皮を散らし、胡椒をふって仕上げます。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    笠原将弘
    (「賛否両論」店主)
    1972年東京生まれ。高校卒業後、新宿「正月屋吉兆」にて修行。2000年父の逝去にともない武蔵小山「とり将」を引き継ぐ。2004年オーナーシェフとして恵比寿に「賛否両論」を開店、独自の感性と味覚で作り上げた料理が評判となり、たちまち予約の取れない人気店になる。独創的なアレンジ和食から手軽なおかずまでレシピの幅は広く、ラジオやテレビへの出演、雑誌掲載も多数。2013年8月、名古屋に2号店をオープン予定。

    URL:http://www.sanpi-ryoron.com/index.html

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    このレシピは、実家の焼き鳥屋で作っていた「つくね」を使用しています。
    子ども心に、「うちのつくねは美味しいなぁ」と感じていた“笠原家の味”です。
    茹で汁は出汁にもなり、味付けすれば立派な料理になります。
    自分にとって一番馴染みの「つくね」を使い、家族で囲んで食べる鍋を100年後も残したいと思います。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る