カオマンガイ ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

カオマンガイ

  • 50分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 長澤 恵
  • タイ料理研究家
    「ティッチャイ タイフード」主宰
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの自動炊飯機能「炊飯」ボタンを押すだけでコンロでご飯やおかゆが炊ける便利な機能です。火加減調節から消火まで、全て自動で、おいしいご飯が炊きあがります。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    鶏モモ肉 2枚 *ソース(作りやすい分量)  
    1.5リットル
      ショウガ(薄切り)
    30g
    小さじ2
      ニンニク(1粒を3つに切る)
    10g
    白コショウ(粒) 小さじ1
      シーユーカオ(※1)
    大さじ2
    ショウガ(薄切り) 15g
     
    大さじ2
    ニンニク(つぶす) 15g
      タオチオ(※2)
    大さじ2
    タイ米 2合
      砂糖
    大さじ2
    砂糖 小さじ2/3〜
      赤唐辛子(小口切り)
    2本
        *付け合わせ  
       
      キュウリ(斜め切り)
    1本
       
      パクチー
    適宜
  •  
  •  
  • 1 鶏モモ肉は余分な皮と脂を切り取ります。切り取った皮は小さく切り、水気を良く拭きます。
    2 鍋に分量の水を沸騰させ、塩、お茶パックに入れた白コショウを加えます。【1】の鶏肉を入れて弱火で茹でます。
    コンロ調理タイマー 15分
    自動消火後、そのまま常温程度になるまで置きます。鶏肉を取り出し、ラップ等で覆います。
    茹で汁は炊飯用に360mlとっておきます。
    3 別鍋を熱して【1】の鶏の皮を入れて炒め、脂が出たら皮を取り出してニンニクとショウガを加え、さらに炒めます。香りが立ってきたらニンニク、ショウガを取り出してタイ米を加え、中火で米がサラサラになり透明感が出るまで炒めます。
    4 火を止め、【2】でとっておいた茹で汁と砂糖を加えます。フタをして自動炊飯機能で炊きます。
    5 ソースを作ります。ショウガとニンニクはクロック(※3)でつぶし、Bの調味料を加えて混ぜます。器に入れ、上に赤唐辛子を散らします。
    6 皿に【4】と、【2】の鶏肉をスライスして盛り付け、キュウリ、パクチー、【5】を添えます。
    ※1 大豆が原料の、日本の醤油に似た調味料のこと。
    ※2 大豆が原料の、日本の味噌に似た調味料のこと。
    ※3 タイの石臼のこと。スパイスやハーブを砕いたりペースト状にする際に使う。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    長澤 恵
    (タイ料理研究家「ティッチャイ タイフード」主宰)
    千葉県生まれ。OL時代の旅行をきっかけに渡タイ。現地シェフにやタイ文部省認定学校modernWomanなどに学び、タイ料理研究家として活動を始める。現在ではタイ料理教室主宰のほか、メニュー開発や執筆・タイイベントなど得意のタイ語を駆使し、文字通り“タイと日本の架け橋”として幅広く活動している。

    URL:http://www.titcaithaifood.com/frame.html

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    タイと日本の架け橋になりたい。私の思いを込めてご紹介するカオマンガイは海南島で発祥しアジア全体に広がった料理で、お米を愛する私たちが取り入れやすい一品です。タイらしくタオチオとしょうがを効かせます。今やレストランで人気のタイ料理がもっと日本の家庭にも根ざしてゆきますように。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る