田舎風フレンチチョコレートケーキ “タルトショコラ” ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

田舎風フレンチチョコレートケーキ “タルトショコラ”

  • 35〜40分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 保坂慎一
  • 「ル・ブション」
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 材料(21cmセルクル1台分)
    A 70%カカオチョコレート(刻む)
    95g *ホイップクリーム
      バター(食塩不使用)
    90g
      生クリーム(乳脂肪分36〜38%)
    150ml
    卵(L) 3個
      グラニュー糖
    15g
    グラニュー糖 150g
      バニラエッセンス
    少々
    薄力粉 45g    
       
      粉糖
    適量
  •  
  •  
  • 1 薄力粉はふるいます。
  •  
  •  
  • 1 セルクルの内側にバターを塗り、薄力粉をまぶします。これを、オーブンペーパーを敷いた天板の 上にセットします。
    2 ボウルにAを入れ、湯煎にかけて溶かします。溶けたら湯煎からはずし、粗熱をとります。
    3 別のボウルに卵を割りほぐし、グラニュー糖を加えて混ぜ合わせます。ふるった薄力粉を加えて混ぜ、【2】を合わせます。
    4 【1】のセルクルに流し、焼きます。
    ガス高速オーブン(予熱あり) 160℃―18分〜
    焼きあがったら粗熱をとり、冷蔵庫で冷やします。
    5 ボウルにホイップクリームの材料を入れ、氷水にあてながら8分立てにします。ケーキに粉糖をふり、ホイップクリームを添えます。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    保坂慎一
    (「ル・ブション」)
    東洋大学を卒業後、服部栄養専門学校に通われ、赤坂 ビストロサンノーを経て渡仏。
    帰国後 青山 ロアラブッシュで腕を磨がき、2001年9月日本橋浜町にフランス料理店ル・ブションをオープン。現在、オーナーシェフとして活躍。

    URL:http://lebouchon-cigale.com/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    時間が流れていく中で、料理スタイルも変化を遂げていきます。
    もし将来、この伝統的な田舎菓子を召し上がって微笑んでいただけたら・・と思い、このレシピをご紹介いたしました。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る