水煮肉片(スイズゥロウピェン) 〜豚肉の四川風辛み煮込み〜 ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

水煮肉片(スイズゥロウピェン) 〜豚肉の四川風辛み煮込み〜

  • 15分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 菰田欣也
  • 四川飯店グループ 取締役総料理長
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    豚バラ肉(スライス) 120g 豆板醤 大さじ1
    A
    少々 サラダ油 小さじ1
      ニンニク(すりおろし)
    小さじ1/3
    B
    小さじ1/5
      ショウガ(すりおろし)
    小さじ1/2
      コショウ
    少々
      一味唐辛子
    小さじ1/2
      砂糖
    小さじ1/2
      醤油
    小さじ1/4
      醤油
    小さじ1/3
      水溶き片栗粉
    大さじ4
     
    大さじ1
    キュウリ 1/2本
      毛湯(※1)
    400ml
    セロリ 1本 一味唐辛子 小さじ1
    ニンジン 30g サラダ油 大さじ2
    豆もやし 80g 花山椒(粉※2) 適宜
  •  
  •  
  • 1 豚バラ肉は3〜4cm長さに切ってボウルに入れ、Aで下味をつけます。
    2 キュウリとセロリは片切り(※3)、ニンジンは飾り切りをして片に切ります。
    3 鍋に豆板醤とサラダ油を入れて火にかけ、よく炒めます。Bを加え、【2】と豆もやしを入れ弱火で煮ます。
    コンロ調理タイマー 3分
    4 【3】の野菜を器に盛り付けます。鍋に残った調味料に【1】を1枚ずつ入れ、ゆっくりとかき混ぜながら弱火で煮ます。とろみがついたら野菜にかけます。
    5 一味唐辛子をのせ、高温に熱したサラダ油をかけて香りを立たせます。好みで花山椒を振ります。
    ※1 毛湯(マオタン) 鶏や豚のガラから取る、最も基本的なスープのひとつ。
    ※2 カホクザンショウの果皮を乾燥させた香辛料のこと。花椒(ホアジャオ)ともいう。
    ※3 片(ピェン) 薄切りまたはそぎ切りにすること。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    菰田欣也
    (四川飯店グループ 取締役総料理長)
    1968年東京都品川生まれ。大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、19歳より「四川飯店」で陳建一氏に師事し、2001年にセルリアンタワー東急ホテル「szechwan restaurant 陳」渋谷店の料理長に就任する。2004年に中国・広州で開催された「第5回中国料理世界大会」では個人熱菜部門において日本人初の金賞を修める。2008年、料理長から四川飯店グループ総料理長に就任。2012年、四川飯店グループ取締役総料理長に就任。
    2013年、公益社団法人日本中国料理協会 常務理事に就任。同年、中華中医薬学会「栄養薬膳師」免許を取得する。

    URL:http://www.srchen.jp/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    100年後もこの料理を残したい理由は、僕の勉強してきた四川省の名物料理だからです。辛さを心配されると思いますが、おいしい辛さですので心配はありません。新しい物に目が行きがちですが伝統ある料理を作り伝えて行きたいと思います。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る