フレッシュトマトとゴルゴンゾーラのスパゲティー ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

フレッシュトマトとゴルゴンゾーラのスパゲティー

  • 10分(準備の時間を除く)

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 桝谷周一郎
  • 「オステリア ルッカ」オーナーシェフ
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    トマト(完熟のもの) 4個 *辛いオイル(作りやすい分量)
    ゴルゴンゾーラ(ドルチェ) 80〜100g 鷹の爪 5本
    A ニンニク(みじん切り)
    小さじ1 オリーブオイル 200ml
      オリーブオイル
    大さじ2 黒こしょう 適量
    スパゲティー(1.6mm) 160g    
    適量    
  •  
  •  
  • 1 辛いオイルを作ります。容器に鷹の爪を入れてオリーブオイルを注ぎ、3日置きます。
  •  
  •  
  • 1 トマトは湯むきして適当な大きさに切ります(種は取り除かずに、そのまま使います) 。
    ゴルゴンゾーラは少し大きめに切ります。
    2 フライパンにAを入れて火にかけ、ニンニクに火が通ったらトマトを加えます。水分が適当なところまで煮詰まったら、ゴルゴンゾーラを入れて火を止めます。
    3 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(湯の1%)を入れてスパゲティーを茹でます。コンロ調理タイマーを、表示の茹で時間よりも1分短く設定します。
    4 茹で上がった【3】を【2】にからませ、辛いオイルを小さじ1入れて器に盛ります。
    お好みで仕上げに黒こしょうをふります。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    桝谷周一郎
    (「オステリア ルッカ」オーナーシェフ)
    16歳から料理の道に入り、フランス料理「日本青年館・東洋軒」「トリアノン」で修行後、東京都内のイタリア料理店に入店。1994年から約3年間、北京のイタリア料理店シェフを勤め腕を磨く。帰国後、名店を周り1998年に25歳で代官山に「オステリア ルッカ」をオープン。わずか10席あまりという新しいスタイルのお店として人気を博す。2004年、恵比寿に移転。誰にでも作れる料理を誰よりもおいしく作るのがモットー。

    URL:http://www.osteria-lucca.com/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    『フレッシュトマトとゴルゴンゾーラのスパゲティー』は、自分にとって、思い出のメニューです。実は、自分のお店をオープンする時に作った思い入れの強い味なのです。100年先、自分は生きていませんが・・・この味は生き続けて欲しいと願っています。ガスの火加減次第でトマトの旨みも引き立ちます。 ぜひ、一度作ってみてください。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る