サーモンとアスパラガスのモザイク仕立て ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

サーモンとアスパラガスのモザイク仕立て

  • 20分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 工藤敏之
  • 「ラ・ロシェル」シェフ
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    アスパラガス 8本
    A トマトケチャップ
    大さじ2
    適量
      マヨネーズ
    大さじ2
    オリーブオイル 適量
      生クリーム
    大さじ1
    サーモン(刺身用) 320g
      レモン汁
    少々
    むき海老 4尾
      タバスコ
    少々
    塩、白ワインビネガー 各適量 キャビア(あれば) 少々
    カリフラワー 40g ハーブ類 適量
    プチトマト 2個 マッシュポテト 適量
    カブ 1個    
    小カブ 4個    
    絹サヤ 4枚    
    適量    
  •  
  •  
  • 1 アスパラガスは塩ゆでし、冷水にとります。水気を拭き、適当な長さに切って縦半分にし、
    オリーブオイルをまぶします。
    2 サーモンは串を打ち、直火で表面を炙ります。串を抜き、四角く形を整えるように切り分けます
    (16切れになるようにします)。
    3 むき海老は背わたを取り除き、塩と酢を加えた熱湯に入れ超とろ火でゆっくりと火を入れます。
    粗熱が取れたら適当な大きさに切ります。(ゆっくりと火を入れることで、身がふっくらと仕上がります)
    4 カリフラワーとトマトは一口大に切ります。カブは軸を切りそろえて皮をむき、適当な大きさに切ります。小カブも軸と皮を下処理し、絹サヤはスジを取ります。トマト以外はそれぞれ塩ゆでし、
    絹サヤはゆであがったら長さを半分に切ります。
    5 Aの材料をボウルに入れて混ぜ合わせ【4】のカリフラワー、カブ、小カブ、絹サヤを和えます。
    6 器に【1】を四角形に並べ、【2】を配置し間にマッシュポテトを絞ります。中央に【3】をのせてキャビアを飾り、さらに【4】と ハーブ類を飾ります。周りにボウルに残ったソースをかけて仕上げます。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    工藤敏之
    (「ラ・ロシェル」シェフ)
    1957年北海道生まれ。函館の調理師学校を卒業後、「東京エアポートレストラン」を経た後、1985年に「ラ・ロシェル」に入社。料理長などを経て、現在、「ラ・ロシェル南青山」「ラ・ロシェル山王」「ラ・ロシェル福岡」の3店舗の総料理長として活躍。また、オーナーである坂井シェフの海外イベント同行、婚礼式場などの調理指導、テレビCM等でのレシピ監修などを手掛け、多忙な毎日を過ごしている。

    URL:http://www.la-rochelle.co.jp/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    師匠「坂井宏行」の「料理は目で楽しませる」という考えを意識しました。
    自分が料理長になって初めて出した想い出深い料理でもあります。
    作り方はシンプルですが、華やかな印象のこのお料理を今後も伝えていきたいと 思っています。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る