ザ・欧風カレー ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

ザ・欧風カレー

  • 90分(準備の時間を除く)

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 水野仁輔
  • 東京カリ〜番長
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    タマネギ 1個 紅花油 大さじ2
    A ニンニク
    1片 バター 30g
      ショウガ
    2片 カレー粉 大さじ2
      ニンジン
    1/2本 小さじ1
      リンゴ
    1個 小麦粉 大さじ1
      白ワイン
    50ml チキンブイヨン 600ml
    ココナッツファイン 25g
    B アプリコットジャム
    大さじ2
    牛乳 100ml
      ブーケガルニ(※市販のもの)
    1袋
    牛肩ロース肉 600g    
    塩、コショウ 各適量    
    ※ 数種類のハーブを束ねたもの(または混ぜ合わせたもの)で、煮込み料理の風味づけに使われる。布袋や不織布に包んだものが市販されている。
  •  
  •  
  • 1 タマネギは細かいみじん切りにします。Aはミキサーにかけ、ペースト状にします。
    2 ココナッツフレーバーミルクを作ります。小さめの鍋を中火で熱し、ココナッツファインを入れてこんがりとするまで乾煎りします。牛乳を注ぎ、10分ほど煮てザルで濾します。
    2 牛肉は大きめのひと口大に切り、塩、コショウをふります。
  •  
  •  
  • 1 厚手の鍋に紅花油を強火で熱し、タマネギを加えてあめ色になるまで炒めます(途中で 火加減を中火〜弱火に落とし、30〜40分かけて炒めます)。
    2 ミキサーにかけたAを加えて水分がしっかり飛ぶまで炒め、バターを加えて溶かしながら混ぜます
    3 カレー粉と塩を加えて炒め、小麦粉も加えて全体がパラパラとした状態になるまでよく炒めます。
    4 ブイヨンを加えて煮立て、ココナッツフレーバーミルクを加えます。煮立ったらアクを取り除き、Bを加えてフタを開けたまま弱火で煮込みます。
    コンロ調理タイマー 30分
    自動消火後、そのまま冷まします。
    5 フライパンを中火で熱し、少量のバター(分量外)を溶かします。牛肉を入れ、表面全体に焼き色がつくまで炒めます。
    6 温めなおした【4】に【5】を加え、肉の中心に火が入り、ほどよいとろみがつくまで煮立てるようにして加熱し、仕上げます。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    水野仁輔
    (東京カリ〜番長)
    出張料理集団「東京カリ〜番長」の調理主任。
    全国各地のイベントに出張し、カレーのライブクッキングを実施している。 日印混合料理集団「東京スパイス番長」のメンバーとして、毎年インドを訪れ、インド料理の研究を行っている。
    近著「カレーの教科書」(NHK出版)ほか、カレーに関する著書は30冊以上。 その他、自主制作のためのイートミー出版を立ちあげ、マニアックなカレー本の制作に力を注いでいる。

    URL:http://www.curry-book.com/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    欧風カレーという料理は、ヨーロッパに存在しない日本で独自に生まれたカレーです。老舗の洋食屋さんやホテルのレストランなどで100年前から綿々と受け継がれてきたレシピのエッセンスを取り入れて作りやすいレシピに仕上げました。これから100年先にもぜひ残しておきたいカレーです。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る