親子ちらし寿司 ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

親子ちらし寿司

  • 30分

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 本田よう一
  • 料理研究家
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    れんこん 100g 温かいご飯 2合分
    椎茸 3枚
    C
    1/4カップ
    A
    大さじ1
      砂糖
    大さじ1と1/2
    大さじ1
     
    大さじ1/2
      みりん
    大さじ1 白炒り胡麻 大さじ3
     
    大さじ1 三つ葉(3cm幅に切る) 適量
    塩鮭 2切れ いくらの醤油漬け 大さじ3
    2個    
    B 砂糖
    小さじ1    
     
    少々    
  •  
  •  
  • 1 れんこんは皮をむき、薄い半月切りにします。椎茸は石づきを切り落とし、薄切りにします。アルミホイルにのせてAをふり、包みます。
    2 鮭と共にグリルで焼きます。
    両面焼き水なしグリル 上下強火−5〜6分
    焼き上がったら、れんこんと椎茸はザルにあけて汁気をきります。鮭は粗熱がとれたらほぐします。
    3 卵はよく溶きほぐし、Bとともに鍋に入れて火にかけます。菜箸を2膳使ってよく混ぜながら中火で2〜3分ほど炒り、取り出します。
    4 温かいご飯に合わせたCを加え、切るように混ぜます。白炒り胡麻、れんこん、椎茸を加えてさっくりと混ぜます。
    5 器に【4】、【3】、鮭の順に盛りつけ、三つ葉を散らします。いくらをのせて仕上げます。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    本田よう一
    (料理研究家)
    1983年生まれ福島県泉崎村出身。高校を卒業した後、栄養士の専門学校に進み、栄養士の免許を取得。卒業後は独学で、料理写真を学び、フリーカメラマンに。 2006年からは料理家として仕事を開始。野菜をたっぷり使い、素材の味を活かしたレシピを得意とし、家族みんなで楽しめる味付けに定評がある。現在は料理家として食べてくれる人にやさしく。作ってくれる人にもやさしくをモットーとしている。あったかふくしま観光交流大使として活動中。

    URL:http://youichi-honda.com

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    我が家では「お祝い」「ごちそう」と言えば、「ちらし寿司」です。
    鮭といくらで親子に。炒り卵は丁寧に。
    難しい料理ではないけれど、一工程ずつ手間を少しずつかけて、キレイに仕上げるのが好きな料理です。
    想いを込めて、一皿を。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る