牛肉の赤ワイン煮 ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

牛肉の赤ワイン煮

  • 90分(※準備の時間を除く)

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 山田直喜
  • 「リストランテ カステッロ」
    オーナーシェフ
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    牛肉(バラなどの塊) 400g 赤ワイン 100ml
    赤ワイン 適量 700〜800ml
    タマネギ 200g
    A ローリエ
    1枚
    ニンジン 70g
      トマトペースト
    50g
    セロリ 30g 適量
    オリーブオイル 大さじ2 コショウ 少々
  •  
  •  
  • 1 牛肉は、かぶるくらいの量の赤ワインに24時間漬けます。
    2 タマネギは1cm厚さにスライスし、ニンジン、セロリは5mm厚さにスライスします。
  •  
  •  
  • 1 フライパンにオリーブオイルを入れて火にかけ、タマネギ、ニンジン、セロリを入れます。しんなりとして甘みが出るまで炒め、土鍋に入れます。
    2 準備した牛肉の汁気をきり、【1】のフライパンに入れて表面全体を焼きます。赤ワインを入れ、アルコール分を飛ばします。
    3 【1】の土鍋に【2】と水を入れて火にかけます。沸騰したらアクを取り、Aを入れて蓋をします。弱火にし、牛肉がやわらかくなるまで煮込みます。
    コンロ調理タイマー 20分〜
    消火後、そのまま30分ほど置きます。
    4 牛肉を取り出し、煮汁は一度漉してから鍋に戻し、とろみがつくまで煮詰めます。
    5 塩、コショウで味を調え、牛肉を戻し入れてからめます。
    6 牛肉を取り出してスライスし、盛り付けます。
    ※塊肉が手に入らなければカットされているものでも作れます。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    山田直喜
    (「リストランテ カステッロ」オーナーシェフ)
    イタリアのトスカーナやマルケ・ヴェネツィア・ピエモンテなどで約2年間の修行を積む。その後、日本に戻り国内で修行を積み、1998年に独立し『リストランテ・カステッロ』のオーナーシェフとなる。

    URL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~castello/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    お肉は塊のまま、じっくり煮込むのが一番です。これからは簡単で手軽な食事がたくさん溢れると思います。しかし時には時間はかかるけれど、本当に美味しくて温かい気持ちになれる料理で食卓を囲んでほしい、100年後にもそんな姿が残っている様にと思いをこめた一品です。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る