クラッシック ショコラ 〜Chocolat classique Costarica〜 ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

炎の料理教室 そして未来へ 東京ガストロノミー

クラッシック ショコラ 〜Chocolat classique Costarica〜

  • 約90分(※準備の時間を除く)

  •  
  • レシピ提供者イメージ
  • 朝田晋平
  • 「パティスリーアプラノス」
    オーナーシェフ
  •  


  •  
  • 焼く ガスオーブンの便利な使い方食品を高温で包むオーブンは、なかでもこの「焼く」が得意。応用もききやすく、おいしいレパートリーも広がります。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 直径15cm丸型 底の取れないもの 1台分
    A スイートチョコレート
    140g *底生地
      バター(食塩不使用)
    70g クルミ 44g
    B 薄力粉
    5g グラハムクラッカー 44g
      カカオパウダー
    10g カソナード(※1) 16g
    卵白 79g バター(食塩不使用) 32g
    グラニュー糖 41g  
    ※1 サトウキビから作られるフランスの赤砂糖のこと。精製されていないため、コクのある風味が特徴。
  •  
  •  
  • 1 クルミはローストします。
    ガス高速オーブン(予熱なし) 180℃−約10分
    2 Bは合わせてふるいます。
    3 型に型紙を敷きます。
  •  
  •  
  • 1 底生地を作ります。グラハムクラッカーを粗く砕き、ローストしたクルミとカソナードを加えます。溶かしバターを加えて混ぜ合わせ、型の底に敷き詰めます。
    2 Aをボウルに入れ、湯煎にかけて40℃に温め、溶かします。Bを加えて混ぜ合わせます。
    3 別のボウルに卵白を入れ、グラニュー糖を数回に分けて加えながら泡立て、少しやわらかめのしっとりとしたメレンゲを作ります。
    4 【1】の型に流し、オーブンで湯煎焼き(下記参照)にします。
    ガス高速オーブン(予熱あり 170℃) 150℃−約40分
    一度扉を開けて蒸気を逃がし、160℃−約20分
    ‹‹湯煎焼きの方法››
    1 オーブン皿に型をのせ、オーブンに入れます。
    2 オーブン皿に湯をたっぷりめに注ぎ、焼きます(途中様子を見て、湯が足りなくなるようなら足します)。
  •  
  •  
  • レシピ提供者プロフィール
    レシピ提供者イメージ
    朝田晋平
    (「パティスリーアプラノス」オーナーシェフ)
    都内のホテルに勤務後、浦和ロイヤルパインズホテルに入社。2001年クープ・ド・モンド・デ・ラ・パティスリー・ワールド カップ日本代表として出場し、準優勝など国内外のコンクールで受賞歴多数。
    2011年9月、パティスリーアプラノスを武蔵浦和にオープンし、現在に至る。

    URL:http://aplanos.jp/

  • 100年後にも伝えたいレシピへの想い
    シンプルにチョコレートの美味しさを味わってもらいたい、そんな思いで作ったケーキです。個性的なチョコレートの風味を活かしつつ、どなたにも食べやすく焼き上げた生地にたっぷりと生クリームをトッピングしています。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る