ピピッとコンロレシピ ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

林檎の揚げラビオリ

パリッと揚げた餃子の皮の食感と中にはさんだ甘酸っぱいリンゴが後を引く美味しさです。


林檎の揚げラビオリ

  • 1コ分あたり:116kcal
  • 30分(粗熱を取る時間は除く)

  •  
  • ピピッとコンロの調理タイマー調理時間をタイマーで設定するだけ。時間になったらピピッと音でお知らせした後、自動で消火してくれる便利で安心な機能です。
  •  

  •  
  • ピピッとコンロの温度調節機能ボタンで温度を設定すればあとはコンロが火加減を自動調節してくれる便利な機能です。
  •  

  •  
  • リンゴにグラニュー糖をまぶして煮ることで、リンゴから水分が出て早く煮上がります。
    紅玉やジョナゴールドなど酸味のあるリンゴがおすすめです。
  • 餃子の皮は直径約9cmの大判を使用しました。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 12コ分
    リンゴ 1コ(正味250g)   餃子の皮(大判) 24枚
    グラニュー糖 30g   適量
    レモン汁 大さじ1   揚げ油 適量
    シナモン 少々   粉砂糖 適量
  •  
  •  
  • 1 リンゴは6〜8つ割りにして皮と芯を取り、2mm厚さのいちょう切りにします。鍋に入れてグラニュー糖をまぶし、水分が出るまでおきます。
    2 レモン汁を加え、ふたをして火にかけます(中火)。汁気が出てきたら時々混ぜます。 コンロ調理タイマーを10分に設定し、やわらかくなるまで煮ます(弱火)。ふたを開けて水分をとばし、火を止めてシナモンを加え粗熱を取ります。 コンロ調理タイマーを10分に設定し、やわらかくなるまで煮ます。ふたを開けて水分をとばし、火を止めてシナモンを加え粗熱を取ります。
    3 餃子の皮の中央に12等分にした【2】をおき、周りに卵を塗ります。空気が入らないようにもう1枚の皮をかぶせて周囲を押さえ、菊型で抜きます。 餃子の皮の中央に12等分にした【2】をおき、周りに卵を塗ります。空気が入らないようにもう1枚の皮をかぶせて周囲を押さえ、菊型で抜きます。
    4 揚げ油を油温度調節機能で180℃に設定し、3を薄く色づく程度に揚げます。 揚げ油を油温度調節機能で180℃に設定し、3を薄く色づく程度に揚げます。
    5 器に盛りつけ、粉砂糖をふります。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る