ピピッとコンロレシピ ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

秋鮭ときのこの混ぜご飯

秋鮭ときのこの混ぜご飯

  • 1人あたり:382kcal
  • 20分

  •  
  • ピピッとコンロの自動炊飯機能「炊飯」ボタンを押すだけでコンロでご飯やおかゆが炊ける便利な機能です。火加減調節から消火まで、全て自動で、おいしいご飯が炊きあがります。
  •  

  •  
  • ピピッとコンロのグリル機能汁受け皿への水入れは不要。上下のバーナーで一気に焼きあげるグリルは食材をひっくり返す手間も不要です。タイマーもついているため時間になったら自動で消火してくれる優れもの。魚以外の料理も幅広く活用できます。
  •  

  •  
  • 自動炊飯機能を使えば、セットするだけで火加減の調節をせずにご飯が炊けます。
    2合の米なら約20分で炊き上がります。
  • サケとキノコを一緒に焼くことで、手早く出来てエネルギーの節約にもなります。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4人分
    1合
    A
    大さじ1
    もち米1合
    醤油
    大さじ1と1/2
    320ml
    バター
    20g
    キノコ
    (シメジ、マイタケ、エノキ茸など)
    200g甘塩サケ1尾(約80g)
    ミツバ適量
  •  
  •  
  • 1米は洗って鍋に入れ、分量の水に浸しておき(約30分)、炊飯キーで炊きます。
    米は洗って鍋に入れ、分量の水に浸しておき(約30分)、炊飯キーで炊きます。米は洗って鍋に入れ、分量の水に浸しておき(約30分)、炊飯キーで炊きます。
    2キノコは石づきを取ります。シメジ、マイタケは小房に分け、エノキ茸は長さを半分にしてほぐします。
    3【2】とA、バターを小さめにちぎり、アルミホイルにのせてふんわりと包みます。
    サケとともにグリルで焼きます。
    (両面焼きグリル 強火 約5分)
    サケは焼きあがったら骨を外して身をほぐし、皮は刻みます。
    【2】とA、バターを小さめにちぎり、アルミホイルにのせてふんわりと包みます。サケとともにグリルで焼きます。(両面焼きグリル 強火 約5分)サケは焼きあがったら骨を外して身をほぐし、皮は刻みます。【2】とA、バターを小さめにちぎり、アルミホイルにのせてふんわりと包みます。サケとともにグリルで焼きます。(両面焼きグリル 強火 約5分)サケは焼きあがったら骨を外して身をほぐし、皮は刻みます。
    4【1】に【3】を混ぜ、刻んだミツバを散らして器に盛ります。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る