個人(ご家庭)のお客さま向け ホームページ

  • 東京ガスの総合TOP
  • 法人(業務用・工業用)のお客さま
  • 住宅関連企業さま
<インターネットサービス停止のお知らせ>
平成29年12月18日(月)0:30〜4:00

メンテナンスのため、一部のインターネットサービスがご利用いただけなくなります。
ご不便をお掛けしいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

マルチグリルレシピ ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

リンゴのコンポート

皮も一緒に煮ることでほんのり赤く色付いた、かわいらしいコンポートです。


リンゴのコンポート

  • 1台あたり:631kcal
  • 30分(シロップに浸ける時間は除く)

  •  
  • マルチグリル対応(キャセロール使用)ふたが付いているので煮物、蒸し物、パンなどの多彩なメニューが簡単に作れるマルチグリル専用容器です。
  •  

  •  
  • 余熱とは、加熱後そのまま庫内に入れておくことです。余熱を使って火を通すことでリンゴが煮崩れることなく仕上がります。
  • リンゴは紅玉やジョナゴールドなどがおすすめです。皮と一緒に煮ることで、ほんのり赤く色づきます。
  • 加熱が終わってからそのまま冷ますことで、より味がなじみます。冷やしても温め直しても美味しくいただけます。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 4〜8人分
    リンゴ 2コ   ミント 適量
    A グラニュー糖
    100g      
     
    1と1/2カップ      
      白ワイン
    1/2カップ      
      シナモンスティック
    1本      
  •  
  •  
  • 1 リンゴは皮をむいて1.5〜2cm厚さの輪切りにし、抜き型で芯を抜きます。
    2 キャセロールに【1】とリンゴの皮、Aを入れて厚手のキッチンペーパーをかけ、ふたをして加熱します。
    マルチグリル「調理モード 煮る」 15分 余熱約10分
    キャセロールに【1】とリンゴの皮、Aを入れて厚手のキッチンペーパーをかけ、ふたをして加熱します。 キャセロールに【1】とリンゴの皮、Aを入れて厚手のキッチンペーパーをかけ、ふたをして加熱します。 キャセロールに【1】とリンゴの皮、Aを入れて厚手のキッチンペーパーをかけ、ふたをして加熱します。
    3 リンゴがやわらかくなったらそのまま冷まします。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る