ピピッとコンロレシピ ピピッとコンロ・ガスオーブン活用レシピ一覧に戻る

牡蠣とほうれん草のグラタン

冬の味覚の牡蠣とほうれん草をたっぷり入れてグリルで香ばしく焼き上げたグラタンは、熱々で冬にぴったりです。牡蠣をあらかじめ衣をつけて焼くことがポイントの一品です。


牡蠣とほうれん草のグラタン

  • 1皿分あたり:363kcal
  • 40分

  •  
  • ピピッとコンロの温度調節機能ボタンで温度を設定すればあとはコンロが火加減を自動調節してくれる便利な機能です。
  •  

  •  
  • ピピッとコンロのグリル機能汁受け皿への水入れは不要。上下のバーナーで一気に焼きあげるグリルは食材をひっくり返す手間も不要です。タイマーもついているため時間になったら自動で消火してくれる優れもの。魚以外の料理も幅広く活用できます。
  •  

  •  
  • カキはあらかじめ衣をつけて焼くことで身が縮まずふっくらと仕上がります。
  • カキを焼くときは、衣をカキと共にたっぷりとすくってフライパンに入れます。広がった衣はカキに巻きつけるように焼きます。
  • ソースをきれいな色に仕上げるためにタマネギや小麦粉は焦がさないように炒めましょう。
  •  

このページを印刷する

  •  
  • 2皿分(トースタープレート115×160×高さ30mm)
    カキ(加熱用) 10コ(約100g)   《ソース》  
    小麦粉 適量  
      タマネギ
    1/4コ
    [衣]    
      バター
    20g
     
    1コ  
      小麦粉
    大さじ1
      粉チーズ
    大さじ1  
      牛乳
    1カップ
      コショウ
    少々  
      塩、コショウ
    各適量
    バター 10g  
      ピザ用チーズ
    20g
    ホウレン草 1/2束(85g)  
  •  
  •  
  • 1 カキは洗い、水気をしっかり拭きます。衣の材料は合わせます。
    2 フライパンを温度調節機能で160℃に設定してバターを溶かします。カキに薄く小麦粉をまぶして衣に入れ、1コずつスプーンですくってフライパンに並べます。火が通ったら取り出します。
    フライパンを温度調節機能で160℃に設定してバターを溶かします。カキに薄く小麦粉をまぶして衣に入れ、1コずつスプーンですくってフライパンに並べます。火が通ったら取り出します。 フライパンを温度調節機能で160℃に設定してバターを溶かします。カキに薄く小麦粉をまぶして衣に入れ、1コずつスプーンですくってフライパンに並べます。火が通ったら取り出します。
    3 ホウレン草は塩茹でし、食べやすい大きさに切って水気を絞ります。タマネギは薄切りにします。
    4 【2】のフライパンを熱してバターを溶かし、タマネギを炒めます。しんなりしたら小麦粉をふり入れて炒め(弱火)、牛乳を加えて煮ます。とろみがついたら塩、コショウで味を調えます。 【2】のフライパンを熱してバターを溶かし、タマネギを炒めます。しんなりしたら小麦粉をふり入れて炒め(弱火)、牛乳を加えて煮ます。とろみがついたら塩、コショウで味を調えます。
    5 トースタープレートに【2】、ホウレン草を入れて【4】のソースをかけます。
    両面焼き水なしグリル 上弱火・下強火 約7分
    トースタープレートに【2】、ホウレン草を入れて【4】のソースをかけます。
  •  
このページを印刷する レシピトップに戻る