日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

新宿ショールーム料理教室

講師

講師日高良実先生(アクアパッツァオーナーシェフ)
味とは、舌で味わう味覚、嗅覚、見た目、温度、かたさなどの五感がブレンドされて一つの味になります。口に入れてからさまざまな味に変わっていくさまや、その楽しさをいっしょに考えることができればと思います。



「味覚の授業」

「食べものにはすっぱい、しょっぱい、苦い、甘いの4つの味があります。それぞれを1つずつ確認していきましょう」
酢、塩、チョコレート、砂糖を通して五感で感じる味を体験しました。
「味覚の授業」



味見用食品

味見用食品ビスコッティ
「今回は一つの食べものでさまざまな味を感じてもらいたいと思い、イタリアのお菓子である“ビスコッティ”を味見用食品に選びました」



「調理実習」

デモンストレーション

楽しく料理できるよう、いろいろなお話を交えながら明るい雰囲気で講義が進みました。
デモンストレーション


講師の「スパゲッティ“アクアパッツァ”とローマ風モッツァレラチーズとアンチョビのクロスティーニ」

講師の「スパゲッティ“アクアパッツァ”とローマ風モッツァレラチーズとアンチョビのクロスティーニ」匂いからでもおいしさが想像できる「スパゲッティ“アクアパッツァ”」と「ローマ風モッツァレラチーズとアンチョビのクロスティーニ」が完成しました。
今回の授業のために先生が考えてくださったオリジナルメニューです。



実習

切り分けたバゲット、生クリーム、モッツァレラチーズを耐熱皿にのせたらオーブンへ入れます。
タラを焼いたら、アサリといっしょに煮て、下準備したトマトと混ぜ合わせていきます。
2つとも同時に食べられるように、先生にタイミングを教えてもらいながら、パスタをゆでます。
和気藹々としながらも真剣に取り組んでいました。
実習


盛り付け

各自で盛り付けて、オリジナルの「スパゲッティ“アクアパッツァ”」と「ローマ風モッツァレラチーズとアンチョビのクロスティーニ」ができました。
盛り付け


試食・感想

班ごとにできあがった料理をいただきました。
「とってもおいしい」「パスタの硬さがちょうどいい」
「少し硬いくらいで食べるのが南イタリア風です」
日高先生が各テーブルを回り、いろいろな質問に答えてくださいました。
試食・感想



取材後記

取材後記 取材をするのははじめてのため、とても緊張しました。また、取材の方法がわからず、戸惑うこともありましたが、プロの方の仕事に触れることで、料理の奥深さを学ぶことができました。おいしいだけでなく、人を楽しませることができるような料理を作れるようになりたいと思います。

取材担当:石田紗季子