日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

がすてな〜に ガスの科学館

講師

講師藤野真紀子先生(マキコフーズ・ステュディオ)
今回の授業では五感を使って食べものを味わってほしいと思います。また、作ることや食べることの楽しさを教えていきたいと思います。



「味覚の授業」

「食べものには4つの味があります。4つの味にはどんなものがあるか考えてみましょう」
「甘い味は砂糖」「しょっぱい味は塩」「すっぱい味は梅干し」「苦い味はゴーヤ」
子どもたちはテキストに記入した後、4つの味(砂糖、塩、お酢、チョコレート)の食材を味わいました。
「味覚の授業」



味見用食品

味見用食品フランボワーズとカスタードのタルトレットと
ヘーゼルナッツのクッキー

「今回は五感を使っていろんな食感、味を体験できるように、甘いカスタードに少しすっぱいベリーを組み合わせたタルトにしました。サクサクのタルトには塩と砂糖の正反対の味が入っています。クッキーも準備しました。ヘーゼルナッツのクッキーにはチョコを付けました」



「調理実習」

デモンストレーション

「お酢はしゃもじで散らしながらご飯にかけます。ご飯をうちわであおぎながら混ぜるとつやが出てきます」
それぞれの材料の役割について、子どもたちにわかりやすいように説明します。
また調理をしていく途中の色の変化や食材の形については、子どもたちの注意をひきつけるよう強調して伝えます。
デモンストレーション


講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすしくり抜いた残りのにんじんをみじん切りにしてご飯に混ぜこみ、栗、しいたけ、カニかまを飾ってカラフルおすしが完成しました。斜めに切ったいんげんをリースのように並べ、まん中にはセルフィーユをトッピングしました。



実習

ご飯を飯台に入れ、合わせ酢をかけてすしめしを作ります。
いんげんはお湯にひとつまみの塩を入れ、ゆで上がったら水に入れ色よく仕上げます。
にんじんは花型にくり抜いてグリルで蒸し焼きにします。
細かく彩りもきれいないり卵ができました。
実習


盛り付け

具だくさんなおすしからすっきりとシンプルなものまで、いろいろな表情の「カラフルおすし」のできあがり。
盛り付け


試食・感想

いよいよ試食です。全員そろって「いただきます」
「おいしいです」
「五感の話が楽しかったです」

試食・感想



取材後記

取材後記 今回学外実習として東京ガスの「味覚の一週間」のイベントに参加させていただきました。日本では今年が初めての取り組みというこのイベントに参加することができて、とても貴重な体験をすることができました。先生方のお話を聞いて自分が吸収したことを、これから自分に生かしていきたいと思います。

取材担当:種子島 亜希