日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド江東

講師

講師福留奈美先生(フードコーディネーター)
食べものの色や味に興味をもち、五感をフルに使っていろいろな料理に挑戦してほしいと思います。また、さまざまな食材に触れることでいろんなことを感じ、どんどん体験を増やしていってほしいです。



「味覚の授業」

「食べものには4つの味があります。どんな食べものがあるか考えてみましょう」
「甘いにはケーキ、生クリーム、お砂糖」
「しょっぱいには、塩、ポテトチップス」
「酸っぱいには、お酢、梅干し」
「苦いには、ピーマン、銀杏、ゴーヤ、コーヒー」

「味覚の授業」



味見用食品

味見用食品野菜のジャムとバゲット
「かぼちゃ・りんご・にんじん・砂糖が入っています。
五感を使って味わってみましょう」



「調理実習」

デモンストレーション

デモンストレーション 「料理上手になるには味見をたくさんしましょう。味見をたくさんすることが大切です」



講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし三角形やドーム型にして鶏そぼろや鮭のほぐし身、ミニトマト、きゅうりを飾り、見た目も可愛い、五感で感じる「カラフルおすし」の完成です。。



実習

まずは合わせ酢を作ります。しっかり味見をし、すしめしを作ります。
先生に教えてもらいながら、いり卵作り。
鮭は手でほぐしておきます。
にんじんは花型にくり抜きグリルで蒸し焼きにします。
実習


盛り付け

盛り付け 先生が用意してくださったトッピングは、鮭のほぐし身と鶏そぼろ、ミニトマト、きゅうりです。
色とりどりの具材を使って各自でカラフルおすしを作ります。
緊張した表情をしていた子どもたちの顔に笑顔がみえました。
子どもたちはどんなことを考えながら盛り付けしていたのでしょう。


盛り付け

試食・感想

試食・感想 いよいよ試食です。みんなでいっしょに「いただきます」
「カラフルできれい」
「嫌いなものがあっても見た目が可愛いから食べられる」
「盛り付けが楽しかった」



取材後記

子どもたちの調理風景を見ることが普段ないので、様々なことを学んだ「味覚のアトリエ」教室でした。たとえば、盛り付けする際、「ぱっと見ておいしそう見えること・見栄えがいいこと」を気にするのではなく、子どもたちは見えない中身を丁寧に盛り付けたり、自分の創造するままに盛り付けたりと、私とは違った感性をもっていることに驚かされました。また、いろんな食材を使って自分たちで盛り付けすることで、子どもたちひとりひとりの個性が見えることもわかりました。五感を使って料理することの大切さを講師の先生と子どもたちに教えてもらいました。

取材担当:若名悠華