日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド千葉

講師

講師中嶋一紀先生(ANAインターコンチネンタルホテル東京 中国料理「花梨」料理長)
自分が料理に興味を持った頃と同じくらいの子どもたちにとって、「味覚のアトリエ」が食に興味を持つきっかけになってほしいと思います。



「味覚の授業」

「食べものには4つの味があります。どんな食べものがあるか考えてみましょう」
「甘いにはケーキ」「しょっぱいには塩」「すっぱいには梅干し」「苦いにはピーマン」
子どもたちはテキストに記入した後、4つの味の食材を味わいました。
「味覚の授業」



味見用食品

味見用食品 キュウリの酢漬け
「砂糖、酢、塩を使っているのでいろんな味覚が味わえると思い、“キュウリの酢漬け”を選びました」



「調理実習」

デモンストレーション

「合わせ酢とご飯はしゃもじを切るようにして混ぜましょう」
「いり卵を作るときは、菜箸を3本使うと上手にできます」

子どもたちにわかりやすいように大きな声ではっきりと解説します。
デモンストレーション


講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすしすしめしは、いりごまとザーサイが入った中華風。
黒豆ソースで煮た油揚げにご飯を詰めておいなりさんも完成。



実習

合わせ酢を作って味を確認した後、すしめしを作ります。
いんげんをゆでて、いり卵を作ります。
にんじんはハートや星など好きな型でくり抜き、グリルで蒸し焼きにします。
油揚げは半分トッピング用に小さくカットし、半分は余ったご飯で“おいなりさん”を作ります。班ごとに分担して、みんな楽しそうです。
実習


盛り付け

盛り付け 絵を描いたように素敵な「カラフルおすし」のできあがり。


試食・感想

試食・感想 いよいよ試食です。全員そろって「いただきます」
「お酢と砂糖に塩を入れたらおいしくなった」
「おいなりさんの油揚げを開くのがむずかしかった」
「盛り付けが楽しかった」



取材後記

今回の取材で、味覚の授業や調理実習に楽しそうに取り組む子どもたちの姿や感想を間近で見聞きすることができ、今までにない体験になりました。
おすしの盛り付けもそれぞれ個性があり、講師の先生に教わりながら、のびのびと調理する様子が印象的でした。
料理教室終了後には、先生やスタッフの皆さんから、ためになるお話を聞かせていただきました。皆さんとても気さくで、楽しく取材することができました。

取材担当:川畑 唯