日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド世田谷

講師

講師五十嵐美幸先生(中国料理 美虎オーナーシェフ)
「味覚の授業」を通して、食べることとはどういうことかについて考えてほしいと思います。味をどう感じるのかは自由であり、考える・生み出す力は食からでも学べるのではないかと思っています。



「味覚の授業」

「食べものには4つの味があります。どんな味がするのか、理解し表現することが大切です」
子どもたちは4つの味がする食べものを言いあい、4つの味がする食材を味わいました。
「苦いのはゴーヤ」「しょっぱいのは塩」
「お酢だけでなめるとすっぱい」「やっぱり砂糖が一番好き」

「味覚の授業」



味見用食品

味見用食品 エビのすり身のせ揚げパン
「五感を使って味わって食べてもらうために、子どもたちが好きなエビを使ったエビパンを味見用食品として用意しました」
子どもたちは、まずにおいをかぎ、それから食べます。
「ちくわのにおいがする」「味もちくわの味がする」「中はふわふわしてる」



「調理実習」

デモンストレーション

「料理は丁寧に作ると一番おいしくできます。今回は苦味を感じてもらうために三つ葉は生のまま使います」
子どもたちに話しかけるようにわかりやすく解説していきます。
「みんなは卵を割れるかな?」「はーい!」
デモンストレーション


講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすしとても可愛らしくまとまった「カラフルおすし」が完成しました。
基本のいり卵といんげん、にんじんのほかに、チャーシューとゆでエビをごはんに混ぜ、生の三つ葉をトッピングしました。



実習

合わせ酢をごはんと混ぜて、すしめしができあがりました。
いんげんはゆでたあと、切っていきます。
卵を割って砂糖を加えて、いり卵を作ります。
三つ葉、エビ、チャーシューを切って、人数分に分け、いよいよ盛り付けです。
実習


盛り付け

各自で盛り付けて、世界で一つだけのオリジナル「カラフルおすし」のできあがり。
盛り付け


試食・感想

それではみんなそろって「いただきます」
「三つ葉は苦いけれど、ごはんと一緒に食べると平気」「みんなで作ったからおいしい」
「いり卵を作るとき、まわりが焼けるのが早くて大変だった」「家でも作ってみたい」

試食・感想


取材後記

取材後記 小さいころから味を知って舌を育てるということの大切さを感じました。普段からどんな味がするのか考えながら食べたいなと思いました。

取材担当:岸野汐里