日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド石神井

講師

講師日高良実先生(アクアパッツァオーナーシェフ)
盛り付けの際、自由に盛り付けてもらおうかと思いましたが、今回はあえて見本を示しました。見本通りに盛り付けていく子もいれば、中には見本をまったく見ずに顔を真似た盛り付けをした子もいました。そのような型にはまらない子どもの発想の豊かさや、自分の味覚に素直に反応している姿によい刺激を受けることができました。
これからも、からだ全体をめいっぱい使って食を楽しんでほしいと思います。



「味覚の授業」

子どもたちは、4つの基本味の食べものをテキストに記入後、4つの味の食材を味わいました。
「昨日食べたものを思い出してごらん。どの味に当てはまるかな?」
「チョコは“甘い“゛だね」「梅干しは“しょっぱ“かったなあ」
「味覚の授業」



味見用食品

味見用食品 ナッツのビスコッティ
ナッツやスパイスなど、様々な味の食材が入っていて、食感も楽しめるビスコッティを選びました。
みんなで「ナッツのビスコッティ」を五感を使いながら食べました。
「まだ食べないで、まずにおいを楽しんでごらん。どんなにおいがするかな?」
「ナッツ、いいにおい!」
「お砂糖の甘さとナッツの甘さは違うのかな?」



「調理実習」

デモンストレーション

デモンストレーション 「砂糖、塩、酢、1つずつ食べると甘い、しょっぱい、すっぱいけれど全部合わせるとおいしいすしめしができるんだよ」
味覚の授業の内容を振り返りながら進めていきます。



講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし トマトやバジルなどをちらし、とても色鮮やかな「カラフルおすし」のできあがりです。



実習

すしめしは、ボウルを持つ人、ごはんを混ぜる人、協力して作ります。
ゆで上がったいんげんは氷水にとり、色よく仕上げます。
花型にくり抜いたにんじんがきれいに並びました。あとは、ホイルに包んでグリルで蒸し焼きにします。
先生にお箸の持ち方を教えてもらいながら、いり卵作り。きれいに作るため真剣な表情です。
実習


盛り付け

トマトの赤、いんげんの緑、ごはんの白、イタリアの国旗のような「カラフルおすし」の完成です。
ピエロのような顔のおすしもできました。
盛り付け


試食・感想

いよいよ試食です。全員そろって「いただきます!」
「卵が甘くておいしい」「バジルのにおいが手にうつっていいにおいがした」「盛り付けが楽しかった」

試食・感想


取材後記

取材後記 日高先生は自店で育てられたバジルを子どもたちにちぎらせることで、いい食材に触れたり、香りを感じたり、五感を使う調理体験ができるような工夫をされていました。先生ご自身も過去に世界の土地を渡り歩き、様々な料理を食し、自身の五感に記憶させていたといいます。今回のように五感を使った食体験をどんどん積み重ねていくことが大切だとあらためて感じることができました。

取材担当 能登谷果