日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド光が丘

講師

講師菊地美升先生(ル・ブルギニオンオーナーシェフ)
「味覚の授業」を通して味覚の違いを知ってもらい、食べることの楽しさを子どもたちに感じてもらいたいです。
また今回の授業が食について関心を高めるよいきっかけになればと思います。



「味覚の授業」

「舌で味わう味覚には4つの味があります。どんな食べものがあるか考えてみましょう」
子どもたちはテキストに記入した後、4つの味の食材を味わいました。
「甘い味はアイスクリーム」「しょっぱい味はお塩」「酸っぱい味は梅干し」「苦い味はピーマン」
「味覚の授業」



味見用食品

味見用食品 有塩のクッキーと無塩のクッキー
塩が入っているクッキーと塩が入っていないクッキーで、味の感じ方がどう違うのかを感じてほしいと思っています。
「サクサクしてる」「甘くていいにおい」「しょっぱいのがないと甘くない」「カリっとしてそうに見える」



「調理実習」

デモンストレーション

「お米は白く濁っているものが透き通るまで研ぎましょう。」
子どもたちがイメージしやすいように、五感に訴えかけるような言葉で解説します。
デモンストレーション



講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし れんこんとエビと刻みのりをプラスして、ケーキのようなおすしができました。



実習

すしめしを作るときは切るようにして混ぜましょう。
いんげんはゆで上がったら冷たい水に入れ、元気にしてあげます。
いり卵作りはいっぱいかき混ぜるためにお箸を3本使ってやってみましょう。
にんじんは星型や花型にくり抜いて、グリルで蒸し焼きにします。
実習


盛り付け

盛り付け こうやったらきれい、楽しいと思うように自由に盛り付けしてみましょう。
これでオリジナルの「カラフルおすし」のできあがり。



試食・感想

先生がテーブルを回りながら、みんなに感想を聞きます。
「いり卵を作るのが大変だった」
「切るのが楽しかった」
「盛り付けが楽しかった」

試食・感想


取材後記

食べることの楽しさを子どもたちに伝えたいという菊地先生の気持ちがとても伝わってきて、子どもたちも楽しみながら授業に参加していました。味覚だけでなく嗅覚や視覚、さらには聴覚とも結びつけて楽しみながら五感を目覚めさせることはとても重要であると感じました。このような味覚のレッスンは子どもたちが食に関心をもつとてもよいきっかけになると思います。

取材担当 若林理奈