日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド大宮

講師

講師舘野雄二朗先生(みちば和食たて野店主)
五感を知り、体感して、五感が食にあたえる楽しさを知ってほしいと思います。
家族のおかげで毎日ご飯が用意されていてます。そのことに感謝の気持ちを忘れてはいけないことを伝えたいと思います。



「味覚の授業」

「食べものには4つの味があります。どんな食べものがあるでしょう?」
「甘い味はチョコレート、グミ」「しょっぱい味は塩」「酸っぱい味はレモン、酢」「苦い味はゴーヤ、コーヒー」
子どもたちはテキストに記入した後、4つの味の食材を味わいました。
「味覚の授業」



味見用食品

味見用食品 かつおと昆布のだし汁
「だし汁は色や味の濃さ、甘さなど、毎回同じ味にはなりません。そのことを知ってほしいと思い、だし汁を選びました」 先生が持ってきてくださったかつおぶしと昆布にも触ってみました。



「調理実習」

デモンストレーション

「クマの様に『がおー』とした手でお米を5回研いで洗いましょう」
お米の研ぎ方から、スタートしました。
デモンストレーション



講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし 鮮やかで可愛らしい、サラダ菜で巻いた「カラフル巻きずし」が完成しました。
ごはんには、パプリカやしいたけ、ごまも入っています。ドレッシングでいただきます。



実習

合わせ酢を作って、すしめしを作り、具を混ぜ合わせていきます。
フライパンに卵を入れて、先生に教えていただいた菜箸4本で混ぜる方法で、いり卵を作ります。いんげんはゆでて切り、にんじんは花型にくり抜きます。
先生に教えてもらいながら、巻きすですしめしと具材を巻いていきます。
巻きすから出して棒キャンディーのようになったすしめしをサラダ菜で巻きます。
実習


盛り付け

きれいに盛り付けて、「カラフル巻きずし」のできあがりです。
盛り付け


試食・感想

待ちに待った試食の時間です。全員そろって「いただきます」
「サラダ菜を巻くところはむずかしかったけど、楽しかった」
「ドレッシングがおすしと合っていておいしい」
「にんじんは皮の近くのほうがおいしいことをはじめて知った」

試食・感想


取材後記

舘野先生のお話や子どもたちから多くのことを学びました。出会ったばかりのお友だちと協力しながら料理やお片付けを率先して行っていて、子どもたちの協調性や行動力に驚かされました。子どもたちの素直な感想を聞いたり、おかわりをしている子や、ドレッシングの作り方まで先生に聞いている子もいて、今回のこの実習にとても満足していることが伝わってきました。

取材担当:宮手春美