日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド横須賀

講師

講師舘野真知子先生
(七里ヶ浜商店、六本木農園 フードプロデューサー、管理栄養士)

「味覚の授業」ははじめてで、子どもたちも最初は打ち解けていなかったけれど段々と打ち解けたくさん意見を出してくれました。大人では思いつかない子どもならではの考えや、大人になったらなくなってしまうストレートな発言を聞いて感性の豊かさを感じました。大人に教わる機会はとても貴重で、現代ならではの幸せなことだと思います。ぜひ幼い頃からいろいろなものを考えながら食べてほしいですね。



「味覚の授業」

「食べものにはいろいろな味があります。みんなはどんな味を知っていますか?」
「甘い、辛い、しょっぱい、うまい、まずい、すっぱい」
意見を聞いた後、苦い(ビターチョコレート)甘い(砂糖)すっぱい(お酢)しょっぱい(塩)の4種類の味を実際に口にし、それら4種類の味のする食べものをテキストに記入してもらいました。
「甘いには生クリーム、わたあめ、あまなつ、バニラアイス」
「しょっぱいには醤油、味噌汁、塩」
「苦いには抹茶、ゴーヤ」
「すっぱいにはグレープフルーツ、レモン」

「グミを鼻をつまんで口に入れて噛んでみましょう。」
子どもたちが鼻をつまんで噛んでみると「あまずっぱい」。
鼻から手を放してみると「ぶどうの甘さがする」「鼻をつまんだときより甘い」などの意見がでました。
鼻から手を放した瞬間の子どもたちの驚きと笑顔が混ざった表情が印象的でした。
「味覚の授業」


味見用食品

味見用食品 黒ごまクッキーとチーズクッキー
2種類のクッキーを試食に選んだ理由は、クッキーは子どもに馴染みのある食品の中でいろいろとアレンジがきくと思ったからです。また、2種類のクッキーの味の判別ができるかも気になりました。
「2種類のクッキーをみんなのために手作りしてきました。違いをよく考えて食べてみましょう」
「チーズのほうは甘くて、黒ごまのほうはしょっぱい」



「調理実習」

デモンストレーション

デモンストレーション 「合わせ酢は少しずつ砂糖を入れて混ぜましょう。このとき3回に分けて味見をしましょう」
いんげんのやわらかさを素手で確認しながら
子どもたちにもわかりやすく丁寧に、先生の手元を見せながら解説します。



講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすしかんぴょうの甘辛煮とえびがトッピングに加わり、色の組み合わせがきれいな「カラフルおすし」のできあがり。



実習

先生に教わった通り、味を確認しながら合わせ酢を作り、すしめしを作ります。
鍋は重いので、先生がサポート。
いんげんを2〜3分ゆでたら、色を鮮やかにするために冷たい水に入れます。
卵をボウルに割り入れ、菜箸で混ぜ、フライパンでいり卵を作ります。
にんじんはみんなで交代しながら花型にくり抜き、グリルで蒸し焼きにします。
実習


盛り付け

盛り付け 各自で盛り付けをして、個性的で素敵な「カラフルおすし」のできあがりです。
先生が用意してくださったかんぴょうとえびをプラスし、上手に顔が描けました。



試食・感想

試食・感想 いよいよ試食です。全員そろって「いただきます」
「卵が甘くていろいろな味がする」
「五感の中の味覚がすごい感じる」
「作ってみて楽しかった」



取材後記

今回取材をさせていただいて、とても貴重な体験が出来たと感じています。
舘野真知子先生もとても気さくな方で終始子供達の話や質問に笑顔で対応されていて、子供達も楽しく学べたと思います。
インタビューの際も沢山のお話を聞かせていただけて、とても勉強になりました。
またこのような機会があれば、是非今回の経験を活かしたいと思います。

取材担当:二見千裕